製品 > ArcGIS > オープンビジョン

ArcGIS

オープンビジョン

 

ArcGIS はオープンで柔軟性のある相互運用可能なプラットフォーム GIS を提供します。Esri は地理空間コミュニティのデータ標準化やオープン API 開発に長年に亘り、他の基幹システムとの連携を促進し、地理空間コミュニティに流通する各種オープンソースソフトウェアとも協調しつつ、組織やコミュニティに開かれた強固な地理空間情報基盤としての役割を果たします。

オープンビジョン

Esri のオープンプラットフォームに対するビジョンは、次の点を重視しています。

・相互運用性

オープンプラットフォームアプローチにより、幅広い相互運用性が実現します。ArcGIS は、地理空間情報コミュニティの標準、主要なプログラミング言語のライブラリ、組織の分析およびデータ管理ツールとの統合、そして多くのオープンソースソフトウェアと連携しています。

・イノベーション

独自のアイデアをコミュニティと共有できるイノベーション環境を推進します。デスクトップ、Web、モバイルアプリケーションなど、ArcGIS が提供するオープンプラットフォームを使用およびカスタマイズすることが可能です。

・コラボレーション

組織内および組織間のコラボレーションを促進するように設計されています。データとマップを簡単に共有して、チームワークを促進し、確実な意思決定を支援します。

 

Esri のビジョン

Jack Dangermond (ジャック デンジャモンド)氏による、Esri のオープンビジョンに関するメッセージです。


Understand Esri’s Open Vision
esri.com/open

オープン標準への対応

 

ArcGIS は地理情報データ形式、メタデータ、サービスなど、100 以上のオープン標準をサポートしています。
また、Esri は多くの標準化団体と協力して、新しい標準の開発や、既存の標準の改善に貢献しています。

データ形式のサポート

ArcGIS は多様な形式のデータの入出力に対応します。KML、GeoPackage などの汎用的なデータ形式、デジタル航空フォーマットである AIXM、電子航海図と海洋環境の標準である S-57 といった主要なフォーマットの利用を支援します。

データ形式のサポート

サービス

サービス標準は Web 経由のデータ転送に使用されます。ユーザーは、ネットワーク経由でマップの表示、データへのアクセス、データのクエリなどを実行できます。

 

サービス

メタデータ

メタデータは地理空間データの概要を説明する情報です。ArcGIS は特定のニーズまたは標準プロファイルを満たす各種メタデータ管理機能を提供します。

  • ISO 19115
  • FGDC Content Standard for Digital Geospatial Metadata(CSDGM)
  • Dublin Core
  • INSPIRE
  • DCAT

⇒ メタデータ

標準化団体

Esri は主要な地理空間標準化団体に参画し、新しい標準の開発や既存の標準の更新に貢献しています。

  • OGC
    Open Geospatial Consortium
  • ISO/TC211
    International Organization for Standardization Technical Committee 211(国際標準化機構)
  • IHO
    International Hydrographic Organization(国際水路機関)

⇒ 標準化と相互運用

相互運用性

 

ArcGIS は多くのデータ形式をサポートします。ArcGIS プラットフォームの導入により、業界固有の交換フォーマット、メタデータ、サービスなど、地理空間情報コミュニティに流通する多様な標準的なデータ形式に対応します。

対応フォーマット

ArcGIS は多様なデータ形式をサポートしており、ユーザーが持つ多くのデータを変換せず利用できます。

RITS-1

⇒ 対応データの詳細はこちら

 

製品の相互運用性

組織の基盤システム上でのワークフローをサポートする GIS ソリューションを提供します。

ArcGIS Maps for Office

スプレッドシートが持つ位置情報を可視化し、マップを用いてビジネスのストーリーを伝えます。ArcGIS Maps for Office は、ArcGIS を Microsoft Excel および PowerPoint と統合します。

ArcGIS Maps for SharePoint

SharePoint に格納されるリストデータを活用しマップに可視化します。インタラクティブなマップで情報を作成、表示、分析、共有します。

SAP HANA

SAP HANA との統合により、ArcGIS は、組織のスタッフによる情報に基づく意思決定を支援します。ユーザーは、マップ、ダッシュボード、アプリを使用して、SAP HANA に格納されるビジネスデータから深い洞察を得られるでしょう。

ArcGIS Insights

ArcGIS Insights はビジネスデータや空間データを探索的に可視化・分析できる Web アプリを提供します。組織の基盤システムから得た情報を用いて重要な洞察を得るために、スプレッドシートとビジネスシステムのデータをすばやく合成してコンテキスト化します。

ArcGIS Data Interoperability

データ形式、ストレージおよびプロトコル間の境界を越えてアプリとデータを統合します。ジオデータベースだけでなく、数百のファイル、データベース、サービス、フィードなどにアクセスします。

Autodesk

Esri と オートデスク社の連携強化により、Autodesk Civil 3D、InfraWorks 、Revit 等のソフトウェアで作成した BIM データを  ArcGIS との間で相互に連携し、インフラ管理者は資産の計画、設計、構築、運用を最適化でき、コスト削減や業務効率の向上が期待できます。

オープンデータ

 

データを保有する組織は、より深い洞察を可能にするために、組織のデータをコミュニティに解放する方法を探しています。
ArcGIS は、ArcGIS Online および ArcGIS Hub の強力なオープンデータ機能を提供します。

ArcGIS Hub

オープンデータをワンスオンリーおよびワンストップに検索・共有・公開するソリューションを提供します。
オープンデータを活用して、データの理解を深め、コミュニティの活動を変革します。

オープンビジョン<>

データをコミュニティに開放

ArcGIS Hub は組織のデータをコミュニティに開放します。ユーザーは簡易な操作でデータセットの検索、可視化およびダウンロードが可能です。開発者はデータソースに直接接続する API を介して、空間データと非空間データを動的に取得します。

新しい価値を発見

意思決定者、スタッフ、コミュニティのために重要なデータを集約します。行政がコミュニティにおける重要な問題に取り組み、相互に協力するための双方向エンゲージメントプラットフォームを作成します。

⇒ 詳細はこちら

ArcGIS Hub の活用例

 

オープンストリートマップ

オープンストリートマップ(OpenStreetMap:OSM)データをマップやアプリに簡単に統合できます。

ベースマップ

標準のベースマップとして、ラスタータイルおよびベクタータイルのオープンストリートマップが利用できます。

⇒ 詳細はこちら

ArcGIS Editor for OpenStreetMap

OSM データセットに簡単にアクセスし編集などを行うことができる、ArcGIS Desktop で使用できる無料のオープンソース アドオンです。

⇒ 詳細はこちら

オープンデータ

ArcGIS を活用した先進的な国内外の事例を紹介します。

オープン API と仕様

 

ArcGIS プラットフォームと連携するために、さまざまなシステムに対し、クライアントとサーバーテクノロジーの双方を含む強力なアクセスを提供します。

公開仕様

地理空間コミュニティと開発者を支援するために広く使用されている多くの仕様を公開しています。

オープンソース

 

Esri の技術およびビジネス戦略の一環としてオープンソースソフトウェアをリリースおよびサポートしています。GitHub では 350 以上のオープンソースプロジェクトを公開しており、また、ArcGIS をカスタマイズおよび拡張するためのオープンソースソリューションも多数提供しています。

GitHub のオープンソースコミュニティ

地理空間コミュニティと開発者との連携を推進するため、広く使用されている仕様やオープンソースプロジェクトに参画しています。

ArcGIS Editor for OpenStreetMap

OpenStreetMap データにアクセスし、データの利用、編集および分析するアドインツールを提供します。

Esri Leaflet

オープンソースの軽量な地図ツールセットを使用して、ArcGIS サービスと Leaflet を統合します。

R-ArcGIS

R ユーザーに ArcGIS データへのアクセスを、ArcGIS ユーザーに R の分析機能を活用できるようにする、オープンソースプロジェクトを提供します。

Koop

オープンソースの GeoSpatial ETL エンジンを使用し、地理空間データを GeoJSON、ベクタータイル、フィーチャサービス等に変換します。

GIS Tools for Hadoop

Hadoop フレームワークで管理されているビッグデータで空間分析を実行します。

Terraformer

ArcGIS ジオメトリと GeoJSON の相互変換を実現するオープンソースプロジェクトです。

オープンソースを活用した構築

ArcGIS プラットフォームは、GDAL などのオープンソーステクノロジーを活用しています。Red Hat、SUSE および PostgreSQL データベース等をサポートします。また、ArcGIS Enterprise は、Apache Tomcat 等のオープンソース Web サーバーを使用して GIS サービスを共有できます。

オープンソースへの貢献

Esri は、多くのオープンソースプロジェクトに積極的に貢献し、強力な地理空間情報プラットフォームを提供しています。また、GDAL などのオープンソースライブラリの修正と更新を提供しています。

オープンソースのマップとアプリ

マップとアプリのテンプレートを提供して、プロジェクトの迅速なスタートを支援します。これらのテンプレートは製品およびインダストリーごとに整理されており、ベストプラクティスと新しいトレンドに追従しつつ組織のニーズを満たすことができます。

⇒ ArcGIS Solutions(ESRIジャパン)
⇒ ArcGIS Solutions(米国Esri)

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る