鉄道 GISソリューション

GIS でデータドリブンな意思決定を強力に支援

鉄道事業は大量の空間・位置情報を保有する事業の一つです。
事業者は車両位置、線路、踏切、駅、架線、変電所、トンネル等といった設備情報から、メンテナンス情報、軌道変異、車両動揺、顧客といったデータまで、空間・位置情報と結びつく多くの情報を管理しています。

この鉄道事業の業務プロセスに、デジタルによる空間情報管理を組み込むことで、IT 業務効率化やデジタルトランスフォーメーションといったデジタル化の道へと進むことができます。

ArcGIS はその優れた機能により、誰が見ても理解できるようにマップ上に表現された業務データを組織全体に共有し、速やかな意思決定に貢献します。広義の交通計画から、設備計画、輸送計画、業務管理、保安作業といった様々な業務に、ArcGIS プラットフォームはロケーションインテリジェンスの力をもたらします。
様々な地理空間情報のフォーマットを扱える ArcGIS は社内外の情報を強固に整理、再形成し、顧客へのサービス向上に貢献します。

概要

図面、計測データを一目で

図面、計測データを一目で

図面情報や、検査データを重ね合わせ、データを眺めることだけでは得られない直観的な判断を得ることができます。またデータを一元的に管理し、迅速な対応体制を支援します。

→ 詳細はこちら

効率的に鉄道路線管理

効率的に鉄道路線管理

路線の中心線、駅、主要施設などの資産や、周辺住宅の人口などの情報を地図上で統合管理することで、業務の情報基盤として活用できます。

→ 詳細はこちら

 

特長

データプラットフォーム

様々なデータを、様々なソフトウェアで管理する時代は終わりです。2D/3D CAD データ、点群データ含む測量データ、センサー情報を始めとした様々なデータフォーマットに対応し、プロジェクト管理に必要なデータを一つのプラットフォームで共有できます。

分析

設備データと位置情報を結びつけ、デジタル地図上から関連する図面、写真、メンテナンス履歴などの文書といった情報に容易にアクセスすることができます。それらの情報を基に事故が多発する危険個所や障害が多い設備を特定し、地図上に可視化することができます。

汎用性

ArcGIS は Fortune 500 企業の約 75% に採用されているソフトウェアであり、特定の分野に向けて作られたものではなく、汎用的な GIS です。
この汎用性により、複数の事業を展開している日本の鉄道会社を、ArcGIS は多角的に支援することができます。

高速道路の点検業務における GIS 活用

GIS で高速鉄道公社が数百万ドルを節約

北米で最先端の公共交通機関の 1 つであるサンフランシスコ・ベイエリア高速鉄道公社(Bay Area Rapid Transit 、BART)は、老朽資産交換業務において、地下トンネルの図面をGISに変換し、検査・交換が必要な箇所を正確に特定することで、大幅なコスト削減を実現しました。
(詳細を見る)

鉄道路線管理を効率的に

鉄道路線管理を効率的に

ブルガリア国内の鉄道路線を監督するブルガリア国立鉄道基盤会社では、鉄道インフラや資産、修理などに関連するデータをGIS上で管理し、運営や商業活動、財政管理で利用できるように設計しました。
(詳細を見る)

3Dモデルデータ

3D データのプラットフォーム

ArcGIS Online や ArcGIS Enterprise といった製品を使って大量の点群データや、BIM データ、その他 3D のデータを Web ブラウザで見れる形で配信することができます。ArcGIS API for JavaScript と組み合わせれば、あなたの思い描く通りのデータ活用アプリを作成することができます。
(詳細を見る)

 

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る