事例

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

製品
活用事例

ArcGIS 自治体サイトライセンスで全庁的に土地データの管理・共有

北海道 湧別町

2009 年に湧別町と上湧別町の 2 つの自治体が合併したことにより町有財産の管理方法の統一を課題としていた湧別町は、ArcGIS を用いた全庁で使用可能な GIS ポータルサイトを構築し、さまざまな部署で ArcGIS の活用が始まった。

2022 年地理必修化に向けた高等学校教育における GIS の活用事例

千葉県立千葉高等学校 ・ 大阪府立岸和田高等学校 名古屋市立若宮商業高等学校 ・ 兵庫県立尼崎小田高等学校

2022 年より次期高等学校学習指導要領において必修科目に地理科目が追加されることに向けて、「地理総合」の柱の 1 つである「地図と地理情報システムの活用」を先進的に授業や課題研究で取り組んでいる 4 校の事例を紹介する。

多摩地域のシンクタンクとして広域的な視点で多摩地域を分析

多摩信用金庫

多摩信用金庫では、多摩地域の経済活性化や同金庫の経営戦略の立案を行うために ArcGIS Business Analyst を導入し、複数の行政区域を越えた広域的な視点での調査や分析を行うことで、経営分析や受託調査での業務の効率化において効果を上げた。

ドローン空撮測量と連携した新しい数値風況診断技術の開発

九州大学

九州大学は、西日本技術開発株式会社および株式会社環境GIS研究所の協力の下、「数値風況診断技術 RIAM-COMPACT (リアムコンパクト)」と「ドローン空撮測量」を連携した新しい数値風況診断技術を確立し、空撮画像から作成した詳細 3D 地形を用いて高精度な風況シミュレーションを実現した。

高速道路の点検業務における GIS タブレット端末の有効活用

西日本高速道路エンジニアリング九州株式会社

お客様に「100% の安全・安心そして快適な高速道路」の提供を目指している西日本高速道路エンジニアリング九州株式会社は、事前準備から現場点検までの一連作業をタブレット端末と GIS を活用した点検業務支援ツールで作業を効率化し、点検作業の様々なシーンで効果が認められた。

モバイル アプリを活用した空き家の実態調査

空き家の分布状況を把握する 近年、国内では空き家の戸数が増加を続けており、多くの自治体において政策上の課題の 1 つとなっています。空き家には一般にイメージされがちな老朽化が進んだ物件だけではなく、状態は良くとも利活用さ(詳細はこちら)

公共施設等総合管理計画業務で資産管理システムと GIS を統合

佐倉市

佐倉市では、市民から市が所有する施設や土地などの資産について対応要望を受けており、ArcGIS Enterprise を用いたシステムを導入することで、資産管理システム業務効率化に加え、システム利用者の拡大と継続性のある環境を整備することができた。

熱環境と風況解析による環境計画手法の確立を ArcGIS と Airflow Analyst で目指す

東京農業大学

東京農業大学では気候変動による都市部のヒートアイランド化対策を目指す研究のケーススタディをキャンパスで行い、ArcGIS と Airflow Analyst を用いて風の流れを可視化し、キャンパスの再整備や建物増築後のシミュレーションを行った。

オープンガバメントを目指し、先進的なデータ活用に ArcGIS プラットフォームを利用

神戸市

神戸市では、ICT を活用したオープンガバメント社会の構築に向けて、市民サービスの向上、業務効率の向上、地域課題の解決を行っていくため ArcGIS プラットフォームを導入し、庁内での GIS ・データの活用や市民向けたデータ公開を行うための統合的なプラットフォームとして稼働を開始した。

環境と調和した地域・都市づくり支援のためのマップ作り

広島大学

地域都市計画・都市環境を専門としている広島大学 田中教授の研究室では、都市の高温化現象、地方都市のコンパクトシティ計画、中山間地域における地域資源情報の共有化、といった研究課題に取り組んでおり、 ArcGIS を使用することで環境と調和した地域・都市づくり支援のためのマップを作成することができた。

1 2 3 4 52
Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る