事例

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

製品
活用事例

災害発生時の道路啓開における情報集約と状況把握

道路啓開とは 道路啓開は、大規模災害発生時に被災地で緊急車両等が通行可能となるように道路上の瓦礫(がれき)等の除去処理を行い、救援ルートを確保する作業のことです。将来の大規模災害に備え、政府や自治体等では、防災計画の一部(詳細はこちら)

ArcGIS サイトライセンス導入による授業・研究での利用拡大

北見工業大学

地域に密接した研究が行われている北見工業大学では、授業や研究で GIS の利用ニーズがあったことからArcGIS サイトライセンスを導入し、GIS を通じて地域に根ざした取り組みに参加している

地域防災マップ「あがらマップ」のシステム構築

和歌山大学

地域に根差した防災教育活動を担っている和歌山大学では、地域住民への防災に対する関心を維持してもらうために ArcGIS を活用した「あがらマップ」を構築し、防災ワークショップの効率的な運営を実現した。

ArcGIS 活用による配送計画シミュレーションで新設物流センターのリソース配置をスピーディに実現

株式会社エバルス

近年、病院、診療所、調剤薬局からの取引需要の増加に伴い、効率的な運送計画の立案や人員確保が急務となっていた株式会社エバルスでは、ArcGIS Network Analyst と SUNMAP for VRP の導入により、迅速に運送計画を立案できるようになった。

ICT を活用した永続的農業モデルの構築

長門地域農業再生協議会

広範囲にわたる農業経営を行い、永続的農業モデルの構築を課題としていた長門地域農業再生協議会は、GIS をはじめとする ICT 技術を活用し、生産活動において人員、時間、コスト軽減に取り組んだ。

蚊の生息密度マップで感染症被害を防ぐ

熊本大学

感染症を媒介する蚊の生息密度の研究に取り組んでいる熊本大学は、蚊の現地調査データの解析に ArcGIS Desktop と ArcGIS Spatial Analyst を使用し、生息密度を可視化することで病原菌対策につながる研究を行っている。

クラウドによるデータ共有で下水道管路関連施設、資産管理図作成の効率化を図る

中津川市

下水道施設の固定資産管理図の作成において、進捗管理と調査業務の効率化を課題としている中津川市では、ArcGIS Online を導入することでデータの共有が図れ、図面の出力コストの大幅削減に取り組んでいる。

ArcGIS Online を活用した「交通事故状況公開システム」

三重県警警察本部

交通事故を削減のため、交通事故発生状況の発信を課題としていた三重県警察本部では、ArcGIS Onlineを利用した「交通事故状況公開システム」の運用を開始し、運用コストを抑えながら、スピーディーかつタイムリーな情報発信を実現した。

ArcGIS 自治体サイトライセンスで全庁的に土地データの管理・共有

北海道 湧別町

2009 年に湧別町と上湧別町の 2 つの自治体が合併したことにより町有財産の管理方法の統一を課題としていた湧別町は、ArcGIS を用いた全庁で使用可能な GIS ポータルサイトを構築し、さまざまな部署で ArcGIS の活用が始まった。

2022 年地理必修化に向けた高等学校教育における GIS の活用事例

千葉県立千葉高等学校 ・ 大阪府立岸和田高等学校 名古屋市立若宮商業高等学校 ・ 兵庫県立尼崎小田高等学校

2022 年より次期高等学校学習指導要領において必修科目に地理科目が追加されることに向けて、「地理総合」の柱の 1 つである「地図と地理情報システムの活用」を先進的に授業や課題研究で取り組んでいる 4 校の事例を紹介する。

1 2 3 4 53
Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る