ニュース > 新型コロナ感染 日本国内・世界各国マップ

ニュース

新型コロナ感染 日本国内・世界各国マップ

 

新型コロナウイルス COVID19 ArcGIS Hub

(5 月 6 日更新)

世界で感染の拡大が続く新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。感染者数は世界で 1 億 5400 万人、日本国内でも 61 万人を超えています。(米ジョンズ・ホプキンス大学集計。2021 年 5 月 6 日時点)

国内の感染状況

新型コロナウイルス感染症 都道府県別事例数 ダッシュボード

日本国内新型コロナウイルス感染症患者数マップ

制作:ESRIジャパン株式会社

最新はこちら
https://coronavirus-esrijapan-ej.hub.arcgis.com/

詳細: 
新型コロナウイルス対応支援サイトを公開しました(ArcGISブログ)

 

本マップの情報は、厚生労働省発表の「各都道府県の検査陽性者の状況(空港検疫、チャーター便案件を除く国内事例)」をもとにしています。
マップには、 都道府県別の確定者数を円の大きさで表現しています。

全世界の感染状況

Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE

Coronavirus COVID-19 Global Cases by Johns Hopkins CSSE(制作:米国ジョンズ・ホプキンズ大学のシステム科学工学センター (CSSE))

制作:米国ジョンズ・ホプキンズ大学のシステム科学工学センター (CSSE)

最新はこちら
https://ej.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/c3a8284f82c84542bdccd6e938ef9e8c

詳細: 
新型コロナウイルスの感染状況に関するマップ(ArcGISブログ)
ジョンズ・ホプキンス大学の新型コロナウイルス感染状況ダッシュボード作成の裏側 (ArcGISブログ)

 

本マップの情報は、WHO (世界保健機関) と CDC (アメリカ疾病予防管理センター)、ECDC (ヨーロッパ疾病予防管理センター)、CCDC (中国疾病予防管理センター)、NHC (中国国家衛生健康委員会)、DXY (中国の医療情報サイト) の情報を基に更新されています。

ご注意ください

このWebアプリの見た目を模倣した Windows 向けのマルウェアが発見されました。 閲覧時にダウンロードを求められる場合はご注意ください。
詳細は下記URLをご参照ください。

 

 

中国国内の感染状況

全国疫情地图

中国国内の感染状況(制作:Esri China 社(中国 北京))

本マップの情報は、中国国家衛生健康委員会および中国各地の保健当局が発表する情報を基に更新されています。

各国の感染状況

イタリア

イタリア国内の新型コロナウイルス感染状況

制作:イタリア市民保護局(Dipartimento della Protezione Civile)

最新はこちら
http://opendatadpc.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/b0c68bce2cce478eaac82fe38d4138b1

 

フランス

フランス国内の新型コロナウイルス感染状況

新型コロナウイルス対応支援サイト(4月15日追加)

ESRIジャパンは、感染拡大の防止が喫緊の課題となっているなか、その対応を支援する国内・世界の感染状況に関する情報、データ、対応支援パッケージを提供する Web サイト「新型コロナウイルス対応支援サイト」を立ち上げました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応ソリューション

新型コロナウイルスの感染拡大防止に資する分野特化型のソリューションをご紹介します。
GIS プラットフォームを活用し、組織の危機対応、事業継続性の維持、医療資源の最適化といった様々な課題への対応を支援します。

自宅療養者の健康状態収集アプリ

新型コロナウイルスの陽性判定を受けホテルや自宅等で待機している軽症者が、スマートフォン等のモバイル端末を使って日々の健康状態を連絡するアプリを提供します。行政の保健局等の関係者は、入力された患者の最新情報や地理的な拡がりを随時ダッシュボード アプリで確認でき、以後の施策策定における基礎情報として活用することができます。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応ソリューション

自宅療養者の健康状態収集アプリの詳細

米国Esri社 COVID-19 GIS Hub(新型コロナウイルスの情報集約サイト)

世界全体や各国・地域での新型コロナウイルスへの感染状況に関する情報が各機関から公開されています。米国Esri社の公衆衛生専門チームは、それらの情報を集約し、2次利用可能な方法で共有するための Web サイト「COVID-19 GIS Hub」(英語)を立ち上げています。

各国・地域および機関が公開しているWebアプリはこちらからもアクセスすることができます。また、Webアプリの他、公衆衛生の分析・解析に利用できるGISデータが提供されています。

ダッシュボードアプリについて

本記事で紹介している各国の感染状況アプリは、クラウド版 GIS サービス ArcGIS Online に付属する ArcGIS Dashboards 、または ArcGIS Experience Builder で作成されています。ArcGIS Dashboards を利用することで、ArcGIS Online にある GIS データをマップやグラフ等で可視化する Web アプリを簡単に作成することができます。Web アプリ上に表示された情報は、マップと連動してグラフや数値などが動的に更新され、広域・狭域の状況把握を素早く行えます。

 

■新型コロナウイルス関連記事

 

 

関連リンク

 

掲載種別

関連業種

  • 保健・医療
  • 感染症


掲載日

  • 2020年4月15日