ArcGIS Engine のサポートについて

概要

ArcGIS Engine も ArcMap と同様にバージョン 10.8 が最後のメジャー リリースとなるため、製品別サポート状況に記載されている通り、ArcGIS Engine は 2026 年 2 月 28 日でサポートが終了します。そのため、ArcObjects を使用して開発されている ArcMap アドインや ArcGIS Engine アプリケーションは、新しいアーキテクチャのアプリケーションへの移行を検討していただく必要があります。

ArcMap のサポートについてはこちらをご覧ください。

本ページでは ArcGIS Engine のサポートおよび、ArcGIS Engine からの移行に関する情報を提供します。

Q : ArcGIS Engine はいつまでサポートされますか?

Esri 社では、製品のサポートに関する製品ライフサイクル ポリシーを定義しており、このポリシーに基づいてサポート サービスを提供しています。サポートのフェーズは 4 段階ありますが、ArcGIS Engine のサポートが終了フェーズとなるのは「2026 年 3 月 1 日」です。
つまり、この前日までは Q&A サービスをご利用いただくことができます (ArcGIS Engine のサポートは 2026 年 2 月 28 日まで続きますが、2021 年予定の次期バージョンで 10.9 をリリースする計画はありません)。 ArcGIS Engine の各サポート フェーズの期間については、「製品別サポート状況」をご参照ください

Q : これは ArcGIS Engine が無くなることを意味するのでしょうか?

いいえ。
ArcGIS Engine のサポートが終了したとしても、ライセンスが有効であれば継続してご利用いただくことができます。ArcGIS Engine のライセンスには、単独使用 (SU) ライセンス、同時使用 (CU) ライセンスの 2 種類がありますが、ライセンスについては期限がありません。しかし、次世代の製品への移行を強く推奨いたします。

なお、開発ライセンスの ArcGIS Engine Developer Kit については ArcGIS Developer Subscription でいつまで提供されるか未定です。情報が確認でき次第、本サイト等で情報を共有いたします。

Q : Esri は ArcGIS Engine 10.8.x リリースのアップデートまたはパッチを発行しますか?

はい。
10.8 は ArcGIS Engine の最後のメジャー リリースですが、セキュリティとサードパーティの問題に対処するために、製品ライフ サイクルで確定されたとおり、10.8.x リリースとしてアップデートとパッチ発行を、既存バージョンサポートの期間の 2024 年 2 月末まで継続します。

Q : ArcGIS Engine からの移行対象の製品は?

ArcObjects SDK ベースの開発で利用されている、スタンドアロン、クライアント サーバー形式のアプリケーションの主な移行対象の製品は次のとおりです。

その他、移行先として、ArcGIS API for JavaScript で開発した Web アプリケーションや、様々な Web アプリケーション、モバイル アプリケーションをパッケージとして提供している ArcGIS Apps も移行対象の製品です。

Q : 移行ツールは提供されていますか?

ArcObjects SDK のコードを ArcGIS Pro SDK、ArcGIS Runtime SDK のコードに変換するツールの提供はありません。

Q : 各 SDK の比較表はありますか?

ArcGIS Engine (ArcObjects SDK)、ArcGIS Pro SDK、ArcGIS Runtime SDK の比較については、下記の表をご覧ください。

項目 ArcGIS Engine ArcGIS Pro SDK ArcGIS Runtime SDK
システム形態 スタンドアロン アプリ開発 ソフトウェア拡張 ネイティブ アプリ開発
アーキテクチャ
  • COM ベース
  • 32 ビット (64 ビットは互換モード)
  • MVVM (Model-View-Model)
  • 64 ビットに完全対応
  • 専用のシンプルな SDK
  • 64 ビットに完全対応
開発
  • Windows Froms
  • UI コンポーネント
    • マップ、TOC、ページ レイアウト、etc…
  • 2D/3D は別アプリ 
  • WPF
  • UI コンポーネント
    • ボタン、リボン、ドックペイン、etc…
  • 2D/3D 共通
  • WPF、UWP、Xamarin
  • UI コンポーネント
    • マップのみ (その他は OSS のツールキットで提供)
  • 2D/3D 共通
配布
  • インストール
  • 端末数課金
  • インストール
  • 端末数課金 or ユーザー数課金
  • インストール不要 (ファイル コピー)
  • アプリ数課金 or ユーザー数課金
マップ
ArcMap ドキュメント (.mxd) 〇 ※1 ×
ArcGIS Pro プロジェクト ファイル (.aprx) × × 
マップ パッケージ (.mpk/.mpkx)

〇 ※3

モバイル マップ パッケージ (.mmpk) ×
レイヤー ファイル (.lyr/.lyrx) ×
データ
ジオデータベース
(ファイル、パーソナル、エンタープライズ)
〇 ※2
モバイル ジオデータベース (.geodatabse) ×
シェープファイル (.shp)
ラスター
CAD (.dgn/.dwg/.dxf) ×
BIM/CIM (.rvt/.ifc) × ×
Las データセット (.las/.lasd/.zlas) ×
ArcGIS マップ サービス
ArcGIS フィーチャ サービス
ArcGIS イメージ サービス
ArcGIS シーン サービス ×
ArcGIS ジオプロセシング サービス
編集
属性
ジオメトリ
サブタイプ/ドメイン
リレーションシップ
アタッチメント
アノテーション
バージョニング 〇 ※4
解析
各種空間演算
ジオプロセシング ツール 〇 ※5
ネットワーク データ
(ルート検索、到達圏、最寄り施設)
ロケーター
(ジオコーディング、住所検索)

1:ArcMap ドキュメント (.mxd) を ArcGIS Pro で読み込める形式にインポートして利用可能です。

2:ArcGIS Runtime Local Server を使用した場合でのみ利用可能です。ArcGIS Runtime Local Server についてはこちらをご覧ください。

3:ArcGIS Runtime SDK ではバージョン 100.9 まで .mpk/.mpkx ファイルの両方に対応していますが、バージョン 100.10 から .mpkx ファイルのみに対応しています。

4:ArcGIS Runtime SDK はブランチ バージョニングのみ対応しています。従来のバージョニング (トラディショナル バージョニング) には対応していません。バージョニングについてはこちらをご覧ください。

5:ArcGIS Enterprise を利用してジオプロセシング サービスとして公開した場合はすべての機能が利用できます。なお、ArcGIS Runtime Local Server を使用してジオプロセシング パッケージ (.gpkx) から実行する場合は利用できるジオプロセシング ツールが限定されます。サポートしているジオプロセシング ツールについてはこちらをご覧ください。

Q : 各 SDK のクラス (インターフェイス) の対応表はありますか?

基本機能の対応表については、下記の表をご覧ください。ArcGIS Engine (ArcObjects SDK) はインターフェイス、ArcGIS Pro SDK と ArcGIS Runtime SDK はクラスを記載しています。

項目 ArcGIS Engine ArcGIS Pro SDK ArcGIS Runtime SDK
マップ  ESRI.ArcGIS.Carto.IMap ArcGIS.Desktop.Mapping.Map Esri.ArcGISRuntime.Mapping.Map
フィーチャクラス ESRI.ArcGIS.GeoDatabase.
IFeatureClass
ArcGIS.Core.Data.FeatureClass Esri.ArcGISRuntime.Data.
FeatureTable
フィーチャ ESRI.ArcGIS.GeoDatabase.IFeature ArcGIS.Core.Data.Feature Esri.ArcGISRuntime.Data.Feature
フィーチャ レイヤー  ESRI.ArcGIS.Carto.IFeatureLayer ArcGIS.Desktop.Mapping.FeatureLayer Esri.ArcGISRuntime.Mapping.
FeatureLayer
ラスター ESRI.ArcGIS.GeoDatabase.IRaster ArcGIS.Core.Data.Raster.Raster Esri.ArcGISRuntime.Rasters.Raster
ラスター レイヤー  ESRI.ArcGIS.Carto.IRasterLayer ArcGIS.Desktop.Mapping.RasterLayer Esri.ArcGISRuntime.Mapping.
RasterLayer
ジオメトリ ESRI.ArcGIS.Geometry.IGeometry ArcGIS.Core.Geometry.Geometry Esri.ArcGISRuntime.Geometry.
Geometry
空間演算 ESRI.ArcGIS.Geometry. ITopologicalOperator/
IRelationalOperator/
IProximityOperator
ArcGIS.Core.Geometry.GeometryEngine Esri.ArcGISRuntime.Geometry.
GeometryEngine
ジオプロセシング ツール ESRI.ArcGIS.Geoprocessing.
IGeoProcessor 
ArcGIS.Desktop.Core.
Geoprocessing.Geoprocessing
Esri.ArcGISRuntime.Tasks.
Geoprocessing.GeoprocessingTask

Q : 開発ライセンスの比較表はありますか?

開発ライセンスについては、下記の表をご覧ください。使用するデータごとに必要なライセンスを記載しています。

ArcGIS Developer Subscription の各エディションで利用できる製品・ライセンス レベルについてはこちらをご覧ください。

項目 ArcGIS Engine ArcGIS Pro SDK ArcGIS Runtime SDK
スタンドアロン
ローカル ファイル
(シェープファイル、ラスター、KML など)
ArcGIS Developer Subscription Professional

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Developer Subscription Professional ※1
  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2
  • 指定ユーザー ライセンス (GIS Professional 以上) ※3
ArcGIS Developer Subscription Builder ※4
ジオデータベース ArcGIS Developer Subscription Professional

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Developer Subscription Professional ※1
  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2
  • 指定ユーザー ライセンス (GIS Professional 以上) ※3
ArcGIS Developer Subscription Builder ※4
モバイル ジオデータベース (.geodatabse)

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Developer Subscription Professional ※1
  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2
  • 指定ユーザー ライセンス (GIS Professional 以上) ※3
ArcGIS Developer Subscription Builder ※4
モバイル マップ パッケージ
(.mmpk)

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Developer Subscription Professional ※1
  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2
  • 指定ユーザー ライセンス (GIS Professional 以上) ※3
ArcGIS Developer Subscription Builder ※4
Web サービス
(マップ サービス、フィーチャ サービス など)
ArcGIS Developer Subscription Professional

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Developer Subscription Professional ※15
  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2
  • 指定ユーザー ライセンス (GIS Professional 以上) ※3
ArcGIS Developer Subscription Builder ※6
クライアント サーバー
エンタープライズ ジオデータベース ArcGIS Developer Subscription Professional

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Developer Subscription Professional ※1
  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2
  • 指定ユーザー ライセンス (GIS Professional 以上) ※3
ArcGIS Developer Subscription Professional ※2

1:ArcGIS Developer Subscription Professional で利用できる ArcGIS Pro の機能は Basic ライセンス レベルです。エクステンション (Spatial Analyst、3D Analyst、Network Analyst など) の機能は利用可能です。

2:利用する ArcGIS Desktop の機能によって、必要な ArcGIS Desktop のライセンス レベル (Basic、Standard、Advanced) が異なります。また、エクステンション ライセンス (Spatial Analyst、3D Analyst、Network Analyst など) の追加が必要です。

3:利用する ArcGIS Desktop の機能によって、必要な指定ユーザーのライセンス レベル (GIS Professional Basic、GIS Professional  Standard、GIS Professional  Advanced) が異なります。また、エクステンション ライセンス (Spatial Analyst、3D Analyst、Network Analyst など) の追加が必要です。

4:ArcGIS Runtime SDK は無償の ArcGIS Developer Subscription Essential で開発可能ですが、開発したアプリを商用アプリとして配布するには ArcGIS Developer Subscription Builder 以上が必要です。

5:ArcGIS Developer Subscription Professional では、ArcGIS Enterprise のオプショナル サーバーは利用できません。

6:ArcGIS Developer Subscription Builder では、ArcGIS Online を使用した Web サービス ベースでの開発が可能です。ArcGIS Enterprise は利用できません。

Q : 実行ライセンスの比較表はありますか?

実行ライセンスについては、下記の表をご覧ください。使用するデータごとに必要なライセンスを記載しています。

項目 ArcGIS Engine ArcGIS Pro SDK ArcGIS Runtime SDK
スタンドアロン
ローカル ファイル
(シェープファイル、ラスター、KML など)

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Engine ライセンス ※1
  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2
  • 指定ユーザー ライセンス (GIS Professional 以上) ※3

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Runtime Standard ライセンス ※4
  • 指定ユーザー ライセンス (Creator 以上) 5
ジオデータベース

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Engine ライセンス ※1
  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2
  • 指定ユーザー ライセンス (GIS Professional 以上) ※3

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Runtime Standard ライセンス ※4
  • 指定ユーザー ライセンス (Creator 以上) 5
モバイル ジオデータベース
(.geodatabse) 

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2
  • 指定ユーザー ライセンス (GIS Professional 以上) ※3

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Runtime Basic ライセンス ※4
  • 指定ユーザー ライセンス (Editor 以上) 5
モバイル マップ パッケージ
(.mmpk)

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2
  • 指定ユーザー ライセンス (GIS Professional 以上) ※3

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Runtime Lite ライセンス ※4
  • 指定ユーザー ライセンス (Viewer 以上) 5
Web サービス
(マップ サービス、フィーチャ サービス など)

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Engine ライセンス ※1
  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2
  • 指定ユーザー ライセンス (GIS Professional 以上) ※3

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Runtime Lite ライセンス ※46
  • 指定ユーザー ライセンス (Viewer 以上) 5
クライアント サーバー
エンタープライズ ジオデータベース

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Engine ライセンス + ArcGIS Engine Geodatabase Update ライセンス
  • ArcGIS Desktop ライセンス ※2

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Desktop ライセンス ※27
  • 指定ユーザー ライセンス (GIS Professional 以上) ※7

下記いずれかのライセンス

  • ArcGIS Runtime Advanced ライセンス ※7
  • 指定ユーザー ライセンス (GIS Professional Standard 以上) 7

1:ArcGIS Engine で ArcGIS Desktop Standard ライセンス以上の機能を利用する場合は ArcGIS Engine Geodatabase Update ライセンスが必要です。

2:利用する ArcGIS Desktop の機能によって、必要な ArcGIS Desktop のライセンス レベル (Basic、Standard、Advanced) が異なります。また、エクステンション ライセンス (Spatial Analyst、3D Analyst、Network Analyst など) の追加が必要です。

3:利用する ArcGIS Desktop の機能によって、必要な指定ユーザーのライセンス レベル (GIS Professional Basic、GIS Professional  Standard、GIS Professional  Advanced) が異なります。また、エクステンション ライセンス (Spatial Analyst、3D Analyst、Network Analyst など) の追加が必要です。

4:ArcGIS Runtime SDK でエクステンション (Spatial Analyst、3D Analyst、Network Analyst) の機能を利用する場合は、ArcGIS Runtime Standard ライセンスと ArcGIS Runtime Analysis エクステンション ライセンスが必要です。

5:指定ユーザー ライセンスを使用して、ArcGIS Runtime SDK でエクステンション (Spatial Analyst、3D Analyst、Network Analyst) の機能を利用する場合は、ArcGIS Runtime Analysis エクステンション ライセンスが割り当てられた指定ユーザー ライセンスが必要です。

6:セキュアなフィーチャ サービスに対して編集操作を行う場合は ArcGIS Runtime SDK Basic ライセンスが必要です。

7:エンタープライズ ジオデータベースの構築には ArcGIS Server Basic 以上のライセンスと ArcGIS Desktop Standard 以上 (GIS Professional Standard 以上) のライセンスが必要です。

お問い合わせ先

ArcGIS Engine からの移行に関してお困りの場合は、以下までお問い合わせください。
お問い合わせ・ご相談はこちらから