金融 GIS ソリューション

金融サービスのデジタル化を乗りきる

デジタル時代の変化に柔軟に対応していくには、「黄金の戦略」が不可欠です。今日、金融サービスの利用顧客は、あらゆる選択肢を享受しています。選択可能な支払方法、携帯電話から残高照会や振り込みができるモバイルバンキングサービス。この金融サービスデジタル化のプロセスに空間情報を組み込むことで、デジタル化のイニシアチブを取ることができます。2013 年の米国最大級の金融会議、BAI カンファレンスによると、「位置情報に基づいた分析を行っている金融機関は、より収益性が高く、効率良くビジネスを展開している」という結果が報告されています。位置情報を活用している銀行は、顧客にとってより魅力的で結果、新規口座開設の増加へとつながります。何故なら、空間情報分析は新たな気づきを与えてくれるからです。様々な情報と組み合わせたマップは、強力な分析ツールによってあなたの抱える難題を解決に導きます。

概要

支店・ATM の分布と周辺人口分析

1990 年代に始まった金融自由化に伴い、1990 年代後半から大きな金融再編成が行われた。再編成が行われた後、銀行の支店数と立地はどのように変化してきたのか。GIS を用いて、その結果を考察する。

→ 詳細はこちら

組織のスリム化・設備運営の最適判断

支店や ATM の収益と利用状況、顧客の分布やニーズなどを地図上で可視化することで、迅速かつ効果的な意思決定を実現している。

→ 詳細はこちら
 

特長

新たな発見

マッピングやロケーション・サービスは、高度な分析機能によって、金融サービス業務においてより良い視点を提供します。

課題の抽出

ArcGIS Online をベースとしたロケーション・インテリジェンスを用いることで、地理的情報に基づくデータを入手し、分析することが可能になります。

成果を出す

本部が GIS を利用することで各支店・ATM サービスのネットワークをより良く理解できます。結果、顧客基盤を維持しなら、コスト削減を実現します。

ビジネス状況の見える化

米国大手銀行 地図を活用した意思決定で年間 8 億ドルの支出を削減

米大手銀行のバンク・オブ・アメリカでは、組織のスリム化・業務の効率化、支店・ATM の物理的配置の最適化の経営課題をデータと地図を使って取り組んだ。その結果、データを地図上で可視化することで顧客への貢献度強化・組織の簡素化といった業務改善で年間約 8 億ドルの支出削減を実現した。
(詳細を見る)

多摩地域のシンクタンクとして広域的な視点で多摩地域を分析

多摩地域のシンクタンクとして広域的な視点で多摩地域を分析

多摩信用金庫は、内部組織である地域経済研究所は、多摩地域を対象とした景況調査や経済データの収集、分析を行うシンクタンクの役割を担っており、経営施策立案のための各種分析や市場調査などでの分析に GIS を活用し、経営分析や受託調査での資料作成の効率化において効果を上げている。
(詳細を見る)

ソリューション

ビジネス状況の見える化

ArcGIS

ターゲットとするマーケットと会計モデルとを統合する際に、ファイナンスの観点、ArcGIS は地理的側面の両方からより深い見識を与えてくれます。ここで最も強調すべきなのは、ArcGIS が様々なプラットフォームで利用可能なこと。常に最新かつ適正な状態に更新された顧客データを部署の壁を超えて、シェアすることができます。よって、顧客の満足度を失うことはありません。

ArcGIS の詳細を見る
ビジネス状況の見える化

ArcGIS Online

業務オペレーションビューを作成し、簡単に共有することができます。このオペレーションビューには、対話型の地図、リアルタイムのデータフィード、リストやチャート、評価・判断の標準、そのほかの達成指標などが含まれます。地理的データは Web Map、ウェブサービスで公開可能です。また、リアルタイムで地図と動画を合わせたデータも配信できます。

ArcGIS Online の詳細を見る

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など