ArcMap のサポートについて

概要

2020 年 10 月 20 日に ArcGIS 10.8.1 を国内リリースしました。
これにより、ArcGIS Desktop 製品ライフ サイクルで規定されている通り、ArcMap の ArcGIS 10.8.1シリーズのサポートは、2026 年 2 月 28 日までとなります。
ArcMap のサポートは 2026 年 2 月 28 日まで続きますが、2021 年予定の次期バージョンでは ArcMap 10.9 をリリースする計画はありません。

ArcMap は、1999 年 にデスクトップ GIS ソフトウェア「ArcView」の後継として登場して以来、進化を続けてきました。しかし、ArcMap は 32 ビットアプリケーションとして開発されており、OS やテクノロジーの進化と共に、64 ビット対応のアプリケーションとしてアーキテクチャーを刷新する必要が生じてきました。そこで新たに登場したのが「ArcGIS Pro」です。
現在、ArcGIS Desktop のライセンスには ArcMap と ArcGIS Pro の 2 つの デスクトップ アプリケーションが含まれています。
ArcGIS Pro は ArcMap の後継となる新しいアプリケーションであり、2015 年にバージョン 1.0 がリリースされて以降、Esri は ArcMap と ArcGIS Pro を平行して開発およびリリースしてきました。 しかしながら、今後はデスクトップ アプリケーションの開発を ArcGIS Pro に集中させる予定です。 そのため 2020 年 10 月 20 日に国内リリースを行った ArcGIS 10.8.1 が ArcMap の最終リリースとなる予定です。

本ページでは今後の ArcMap のサポートおよび ArcGIS Pro への移行に関する情報を提供します。

Q : ArcMap はいつまでサポートされますか?

Esri 社では、製品のサポートに関する製品ライフサイクル ポリシーを定義しており、このポリシーに基づいてサポート サービスを提供しています。サポートのフェーズは 4 段階ありますが、ArcMap のサポートが終了フェーズとなるのは「2026 年 3 月 1 日」です。
つまり、この前日までは Q&A サービスをご利用いただくことができます (ArcMap のサポートは 2026 年 2 月 28 日まで続きますが、2021 年予定の次期バージョンでは ArcMap 10.9 をリリースする計画はありません)。 ArcGIS Desktop (ArcMap を含む) の各サポート フェーズの期間については、「製品別サポート状況」をご参照ください

Q : これは ArcMap が無くなることを意味するのでしょうか?

いいえ。
ArcMap のサポートが終了したとしても、ライセンスが有効であれば継続してご利用いただくことができます。ArcMap のライセンスには、単独使用 (SU) ライセンス、同時使用 (CU) ライセンス、単独使用 (SU) 365 日期間限定ライセンスの 3 種類がありますが、前者 2 つのライセンスについては期限がありません。
しかし、デスクトップ アプリケーションの開発は ArcGIS Pro に重点が置かれているため、ArcGIS Pro へ移行することをお勧めします。

Q : Esri は ArcMap10.8.x リリースのアップデートまたはパッチを発行しますか?

はい。
10.8 は ArcMap の最後のメジャー リリースですが、セキュリティとサードパーティの問題に対処するために、ArcGIS Desktop 製品ライフ サイクルで確定されたとおり、10.8.x リリースとしてアップデートとパッチ発行を、既存バージョンサポートの期間の 2024 年 2 月末まで継続します。

Q : ArcMap とともに ArcGIS Pro に移行する必要があるアプリケーションは何でしょうか?

次のアプリケーションです。

  • ArcMap
  • ArcCatalog
  • ArcMap のエクステンション(3D Analyst の一部である ArcScene と ArcGlobe を含む)
  • ArcReader

Q : ArcGIS Pro に移行するメリットは何ですか?

以下のメリットを享受していただくために、プロジェクトとワークフローを ArcMap から ArcGIS Pro へ移行することをお勧めします。

  • 生産性の向上
    • リボンインターフェイスで行いたい作業を直感的に選択できます。
    • 64 ビット/マルチスレッド対応により、スムーズで快適に作業を行うことができます。
  • 3D 対応
    • 3D マップの表示や 3D データの編集機能を標準で備えています (追加のエクステンション不要)。
    • BIM/CIM データや点群データの表示も可能で、迅速かつ分かりやすい状況把握に役立てることができます。
  • 柔軟な拡張性
    • 作成したコンテンツを簡単に Web に共有でき、各種アプリ (Web アプリ、モバイル アプリなど) からそのまま利用することができます。

動画「ArcMap ユーザー必見! ArcGIS Pro のススメ」をご参照ください。

Q : ArcGIS Business Analyst Desktop 10.8.1 のサポート フェーズは ArcMap と同じですか?

ArcGIS Business Analyst Desktop においても、ArcMap 同様、10.9 をリリースする計画はございません。
また、ArcGIS Business Analyst Desktop には「既存バージョンサポート」の期間が無いため、2024 年 2 月 29 日までがサポート対象期間となります。現在 ArcGIS Business Analyst Desktop の保守が有効の方は、ArcGIS Pro ベースである ArcGIS Business Analyst Pro を平行してご利用いただけます。
なお、Esri は ArcGIS Business Analyst Pro を中心とした開発を行っており、新機能の追加や機能改善等は ArcGIS Business Analyst Pro に対して行われます。

Q : ArcMap をカスタマイズしている場合や ArcGIS Engine を使用している場合は、どのように対応すべきですか?

ArcGIS Engine も ArcMap と同様にバージョン 10.8 が最後のメジャー リリースとなるため、2026 年 2 月 28 日でサポートが終了します。そのため、ArcObjects を使用して開発されている ArcMap アドインや ArcGIS Engine アプリケーションは、新しいアーキテクチャのアプリケーションへの移行を検討していただく必要があります。

移行対象の製品は次のとおりです。

ArcGIS Engine からの移行につきましてはこちらをご確認ください。

Q : ArcMap から ArcGIS Pro への移行に役立つリソースはありますか?

Learn ArcGIS のレッスン、ブログ、ビデオ、書籍など、ArcMap から ArcGIS Pro への移行に役立つたくさんのリソースがあります。

【ESRIジャパン提供リソース】

【米国Esriサイト内のリソース】

お問い合わせ先

ArcMap から ArcGIS Pro へのに関してお困りの場合は、以下までお問い合わせください。
お問い合わせ・ご相談はこちらから