製品 > 小中高教育における GIS 利用支援プログラム

小中高教育における GIS 利用支援プログラム

全国の小中学校・高等学校を対象に ArcGIS 製品を無償提供

okayamaitinomyh-1k12-casestudies

近年、初等中等教育の学習活動における GIS(Geographic Information Systems:地理情報システム)活用の有効性・必要性はアクティブラーニングや ICT 教育の一環としても大きな注目を集めています。 ESRIジャパンでは、空間的思考力を養う様々な取り組みを支援するため、GIS ソフトウェアの実質的な世界標準である ArcGIS の無償提供を中心とするプログラムを実施致しております。また、ArcGIS のライセンスと指導者向けトレーニングを合わせて提供致します。GIS にご興味ある小中高等学校からの多数の応募をお待ちしております。

また、2019/12/31 までにお申し込みの方に限り、ESRIジャパンの社員が出前授業を行うキャンペーンを開催中です。この機会をぜひご活用ください。(詳細はこちら

 

教育機関向けコンテンツ

 

小中高 GIS 利用支援プログラム概要

概要

本プログラムでは、地図・地理に関する授業や研究で利用する GIS ソフトウェア・クラウドサービス、並びにこれらに関する講習会と Q&A サポートを小中学校、高等学校に無償でご提供します。※大学・高等専門学校は除きます。

本プログラムで提供する内容

ライセンス契約

採用校との間で、ご提供するソフトウェアに関して所定のライセンス契約を締結させていただきます。

応募資格

文部科学省認定の小学校・中学校・高等学校。
外部組織(大学、民間企業、NPO等)からの支援を受けることができる学校を優先いたします。

応募条件

無償提供期間 1 年目終了時点と利用支援プログラム終了時点に活動内容の簡単な報告していただけること
下記への協力をお願いすることがあります。

  • 活動内容に関して、ESRIジャパンユーザ会主催のイベント「GISコミュニティフォーラム」等での発表
  • 弊社HP及び、弊社発行のArcGIS事例集に活動内容の掲載

 

お申し込み

 

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る