ニュース

2017年04月20日

Esri Conservation Geography Programに酪農学園大学大学院 修了生が選出されました

Esri社が支援するアメリカのコンサベーションGIS協会(Society for Conservation GIS/以下、SCGIS)の2017年 奨学生(Esri Conservation Geography Prog(詳細はこちら)

2017年04月19日

Web AppBuilder for ArcGIS (Developer Edition) が Ver.2.4 にバージョンアップ

今回のバージョンアップは、2017 年 3 月にアップデートされた ArcGIS Online の Web AppBuilder for ArcGIS で追加された新機能/機能拡張がメインです。以下では主な新機能を紹介し(詳細はこちら)

2017年04月18日

青森県防災システムにArcGISが採用されました

日本IBM が構築および運営業務を受注した青森県の「防災公共・災害情報提供システム」に ArcGIS が採用されました。自治体の様々な業務に合わせた GIS 基盤の構築を実現するために、ArcGIS for Deskto(詳細はこちら)

2017年04月14日

交通事故情報公開テンプレート Ver.2.0 をリリース(ArcGIS Solutions)

ArcGIS Solutions で「交通事故情報公開テンプレート」 Ver.2.0 をリリースしました。 今回のバージョンアップでは、以下の機能強化を行っています。 既存のデータ構造を見直し、Web アプリの構成も刷新(詳細はこちら)

2017年04月14日

被害調査(電力)テンプレート Ver.1.0 をリリース(ArcGIS Solutions)

ArcGIS Solutions で新しいソリューション テンプレート「被害調査(電力)テンプレート」をリリースしました。 被害調査(電力)テンプレートを使用すると、自然災害が発生した場合に現場作業員がモバイル端末から電(詳細はこちら)

2017年04月12日

ArcGIS Runtime SDK 10.2.9 for Android をリリース

今回のバージョンアップではArcGIS Onlineまたは ArcGIS Serverで設定したグループ内で共有しているデータを同期中に、端末がスリープ状態または終了した場合に発生する不具合に対応しました。 ArcGIS(詳細はこちら)

2017年04月05日

ArcGIS API for JavaScript が Ver.4.3 および Ver.3.20 にバージョンアップ

今回のバージョンアップでは、バージョン 4.3 にフィーチャの編集がサポートされたほか、シーン レイヤーのフィルタリングおよびクエリ機能が実装されました。 また、バージョン 3.20 には、ルート案内ウィジェットにバリア(詳細はこちら)

2017年04月03日

第13回GISコミュニティフォーラム開催

GIS(地理情報システム)ソフトウェア国内最大手のESRIジャパン株式会社※(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:正木千陽)は、『第13回 GISコミュニティフォーラム』(参加無料・事前登録制)を東京ミッドダウン(六本(詳細はこちら)

2017年03月22日

インフラ危機への対策 ~道路、橋梁、港湾、空港~

道路、橋梁、港湾、空港の老朽化状況を地図上で分析 日本国内では道路やトンネル、橋梁を始めとした社会インフラの老朽化への対策が課題となっています。同じようにインフラの老朽化が課題となっているアメリカの状況を地図上で分析した(詳細はこちら)

2017年03月22日

地図表現の仕方:1つのデータから3つの異なる表現で!

GISでは様々な方法で、データを視覚的に表現をすることが出来ます。 今回はアメリカ合衆国本土(48州)の干ばつデータ(5年間)を使ったマップをご紹介します。どれも同じデータを使っていますが、全く異なるマップになっています(詳細はこちら)

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る