ニュース

2020年05月27日

Web AppBuilder for ArcGIS(Developer Edition)バージョン 2.16 をリリース

Web AppBuilder for ArcGIS(Developer Edition)バージョン 2.16 の国内サポートを開始しました。 今回のバージョンアップは、2020 年 3 月にアップデートされた ArcGI(詳細はこちら)

2020年05月27日

ArcGIS API for JavaScript バージョン 4.15 および 3.32 をリリース

ArcGIS API for JavaScript バージョン 4.15 および 3.32 の国内サポートを開始しました。 バージョン 4.15 では、フィーチャ レイヤー(3D)や添付ファイルの編集ができるようになりま(詳細はこちら)

2020年05月22日

簡単に授業で使える!GISカード

ESRIジャパンでは、2022年度の高等学校地理必修化に向けたさまざまな取り組みを行っており、その一環として「GISカード™」を考案しました。「GISカード™」は、小学校・中学校・高等学校向けのG(詳細はこちら)

2020年05月18日

ArcGIS 10.8 をリリースしました

※対象製品:ArcGIS Desktop, ArcGIS Business Analyst, ArcGIS Engine, ArcGIS Enterprise 新機能や機能拡張が多く施された ArcGIS Enterpr(詳細はこちら)

2020年05月18日

ArcGIS Business Analyst Desktop 10.8 をリリース

2020 年 5 月 18 日に、ArcGIS Desktop 10.8 をベースとした商圏分析・エリアマーケティング ソリューションの最新バージョン「ArcGIS Business Analyst Desktop 10(詳細はこちら)

2020年05月11日

自宅学習用ライセンス支援パッケージ について

ArcGISの学習用ライセンスとして活用できるライセンスを無償で提供いたします。2020 年 6 月 30 日までに申込みいただいた方を対象に、2020 年 8 月 31 日までご利用いただけます。

2020年04月23日

ArcGIS API for Python バージョン 1.8.0 をリリース

2020 年 4 月 23 日に ArcGIS API for Python のバージョン 1.8.0 の国内サポートを開始しました。 今回のアップデートでは raster モジュールにイメージ サービスやローカルのラス(詳細はこちら)

2020年04月20日

コロナウイルス:世界の繋がりが命を救う

  2020 年 1 月末、パンデミックの恐れが高まる中、ジョンズ・ホプキンズ大学は、今や有名になった新型コロナウイルスのダッシュボードを公開した。これは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の蔓延を追跡(詳細はこちら)

2020年04月15日

新型コロナウイルス対応支援サイトを公開しました

世界規模で感染が拡大し甚大な被害をもたらし続けている新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)。感染拡大の防止が喫緊の課題となっているなか、その対応を支援する国内・世界の感染状況に関する情報、データ、対応支援パッケー(詳細はこちら)

2020年04月15日

学生向けライセンス支援パッケージについて

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響により、大学内や専門学校などで授業を受けるのが難しい学生を対象に、オンライン授業や自宅学習で活用できるライセンスを無償で提供します。

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る