GIS 基礎解説 > その他 データ/データモデル関連 > 無償で使える GIS データ/マップ

GIS 基礎解説

無償で使える GIS データ/マップ

 

GIS を使用するうえでデータは不可欠です。あらかじめデータを入手できれば、GIS でデータを初めから作成する手間と労力を省くことができます。また、入手できるデータのうち、有償と無償のものがありますが、有償のデータは GIS ですぐに使用できるよう加工および調整されていたり、精度が高かったりするといった特徴があります。汎用的なデータに関しては無償データとして公開されています。本トピックでは、無償で使えるデータとマップについて紹介します。

無償で利用できる GIS データ

基盤地図情報(http://www.gsi.go.jp/kiban/

free-gis-data_01この地図は、国土地理院発行の基盤地図情報の測量成果を使用したものである。
基盤地図情報とは、測量の基準点、海岸線、公共施設の境界線、行政区画など、位置の基準となる情報のことです。このような汎用性の高い情報を、GIS データとして整備、提供しており、高精度(最大 1/2,500)な GIS データをダウンロードすることもできます。

  • 提供機関:国土地理院
  • 提供形態:ダウンロード
  • データ形式:GML ファイル
  • 主な提供データ:行政区画の境界線、道路縁、建物の外周線、数値標高モデル(DEM)
  • ArcGIS で利用するための手段:[基盤地図情報(GML)のインポート] ツールでジオデータベースに変換

国土数値情報(http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/index.html

free-gis-data_02この地図は、国土交通省国土政策局「国土数値情報(鉄道、将来推計人口メッシュデータ)」をもとに、ESRIジャパンが編集・加工したものである。
国土数値情報とは、国土に関する電子地図用のデータのことで、地形や土地利用など、国土に関する基礎的かつ汎用的なデータを GIS データとして整備、提供しています。主に国土、政策区域、地域、交通の分野のデータを網羅しており、パーソントリップ調査の統計情報も入手可能です。シェープファイル形式などでダウンロードすることができ、この形式を読み込める GIS ソフトであれば、すぐに使用することができます。

  • 提供機関:国土交通省 国土政策局
  • 提供形態:ダウンロード
  • データ形式:シェープファイルなど
  • 主な提供データ:河川、避難施設、鳥獣保護区、鉄道 など
  • ArcGIS で利用するための手段:そのまま利用可能

位置参照情報(http://nlftp.mlit.go.jp/isj/index.html

free-gis-data_03この地図は、国土交通省の大字・町丁目位置参照情報をもとに ESRIジャパンが編集・加工したものである。
日本全国の大字町丁目または街区単位の代表位置を位置座標として、GIS でアドレス マッチングに必要なデータを CSV 形式で提供しています。

  • 提供機関:国土政策局
  • 提供形態:ダウンロード
  • データ形式:CSV ファイルなど
  • 主な提供データ:行政区域、学校、鉄道など
  • ArcGIS で利用するための手段:[XY データの追加] ツールでポイント データに変換

政府統計の総合窓口(e-Stat)(https://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do)

free-gis-data_04この地図は、政府統計の総合窓口(e-Stat)の調査結果をESRI ジャパンが加工、編集したものである。
各府省が公表する統計データがまとめられており、国勢調査、経済センサス、農林業センサス等の統計データが行政界単位、あるいはメッシュ単位でダウンロードすることができます。

  • 提供機関:総務省統計局
  • 提供形態:ダウンロード
  • データ形式:統計データは TXT 形式、境界データはシェープファイル
  • 主な提供データ:国勢調査、経済センサスなど
  • ArcGIS で利用するための手段:TXT 形式、シェープファイルともそのまま利用可能で、これらを関連付けて利用できる

無償で利用できるマップ

地理院地図(http://portal.cyberjapan.jp

free-gis-data_05この地図は、国土地理院の標準地図を使用したものである。
国土地理院の地図や空中写真を Web ブラウザーで閲覧することができます。また、各地図を重ね合わせて表示することもできます。

  • 提供機関:国土地理院
  • 提供形態:オンライン(閲覧のみ)
  • 提供マップの種類:標準地図、淡色地図、白地図、航空写真、英語表記の地図
  • ArcGIS で利用するための手段:地理院タイルの WMTS メタデータを利用

ArcGIS Online 背景地図(http://www.arcgis.com/home/webmap/viewer.html

free-gis-data_06Sources: Esri, DeLorme, HERE, USGS, Intermap, increment P Corp., NRCAN, Esri Japan, METI, Esri China (Hong Kong), Esri (Thailand), TomTom
ArcGIS Online が配信する背景地図です。10 種類から選択することができます。ArcGIS Desktop をご利用の方は、インターネット経由でマップ ドキュメントに追加することができます。

  • 提供機関:Esri
  • 提供形態:オンライン(閲覧のみ)
  • 提供マップの種類:地形図、道路地図、衛星画像、ラベル付き衛星画像、海洋図、オープンストリートマップ、キャンバス(ダーク グレー)、キャンバス(ライト グレー)、ラベル付き起伏図、ナショナル ジオグラフィック
  • ArcGIS で利用するための手段:[ベースマップの追加] から追加

GIS データを提供、公開している機関は上記のようにさまざまですが、利用する際には注意点があります。

データの形式

シェープファイルや一般的な画像ファイルで提供されているデータであれば、ダウンロードしてすぐに ArcGIS で使用することができますが、CSV、XML といった形式で提供されているデータは、変換処理が必要になる場合があります。ArcGIS で使用する前に、どのような処理が必要となるのか調べておくことが望ましいでしょう。

座標系

提供されているデータに定義されている座標系は、提供機関によってさまざまです。GIS で使用する際に、誤った位置に表示されると正確な分析結果を得られないことがあります。このようなことがないよう、データの仕様書などをよく確認するようにしましょう。

座標系のページへ

著作権

無償のデータだからといって、二次利用などを自由にして良いとは限りません。場合によっては出典を明記したり、商用利用のために適切な手順で許可を得たりすることが必要な場合もあります。このような場合は、提供機関の規約を確認しておきましょう。

無償で使えるデータ、マップを利用することによってお手持ちのデータと重ね合わせたり、GIS ソフトを持っていなくても Web で GIS を利用したりすることができます。早速、上記サイトにアクセスして、GIS での分析にもっと活用してみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る