製品 > ArcGIS Solutions > テンプレート > 鳥獣被害対策

ArcGIS Solutions

鳥獣被害対策

テンプレートの概要


鳥獣被害対策テンプレートは ArcGIS ポータル (ArcGIS Online の組織サイト) に鳥獣被害情報の投稿および収集された情報を公開する環境を構築するソリューション テンプレートです。本テンプレートを利用することで、スマートフォンやタブレットなどのデバイスを用いて鳥獣被害情報を投稿する「鳥獣被害情報投稿アプリ」、またその結果を住民に向けて公開する「鳥獣被害情報公開アプリ」を構築することができます。地図を用いて鳥獣被害情報を公開することで、住民や農家、林業事業者といった様々な方たちの鳥獣被害対策をサポートします。

テンプレート利用までのステップ


本テンプレートは、自身の ArcGIS ポータルへのソリューション テンプレートへの展開と、展開したソリューション テンプレートの設定の 2 つの作業ステップを実施することで利用できるようになります。

テンプレートのデモ


以下のリンクからテンプレートのデモを確認することができます。

デモ

鳥獣被害に関する情報を投稿するためのフォームです。

Survey123 Web サイトにて、鳥獣被害情報投稿アプリから投稿された情報の集計結果やマップを確認することができます。

投稿された鳥獣被害に関する情報を住民や事業者に対して公開するための Web アプリケーションです。

 

※Web ブラウザーまたは ArcGIS Survey123 フィールド アプリでフォームを開き、鳥獣被害情報を入力することができます (ArcGIS Survey123 フィールド アプリでフォームを開く場合は、ご使用のデバイスに ArcGIS Survey123 がインストールされている必要があります)。

テンプレートの内容


鳥獣被害対策テンプレートは以下のアイテムを提供します。

アイテム名 説明

wildlife_management 
フィーチャ サービス

鳥獣被害に関する投稿情報を格納するためのフィーチャ サービスです。

鳥獣被害Webマップ

鳥獣被害情報公開アプリが参照する Web マップです。

鳥獣被害情報公開アプリ

投稿された鳥獣被害に関する情報を住民や事業者に向けて公開するための
Web アプリケーションです。

鳥獣被害対策テンプレート スキーマ定義書

本テンプレートで使用するフィーチャ サービスのスキーマ定義書 (*.xlsx) です。

テンプレートの利用方法


このテンプレートを利用するには以下の利用ガイドを参照してください。

利用ガイド

本テンプレートを利用するための方法を説明します。

動作環境


このテンプレートを利用するには以下の製品およびアプリケーションが必要です。

製品
  • ArcGIS Online (組織向けプラン)
  • Survey123 Connect
  • ArcGIS Survey123
  • Microsoft Excel (2013 以上)

更新情報


2021 年 11 月

バージョン 2.0

  • ソリューション テンプレートの提供方法を変更
2020 年 8 月

バージョン 1.0

  • テンプレート公開