GIS 基礎解説 > Web GIS > Web マップ

GIS 基礎解説

Web マップ

 

Web マップとは

ArcGIS は、誰もが地図や情報を検索、作成、共有、利用できるようにするための Web GIS のプラットフォームです。この Web GIS というコンセプトの中核となるのが「Web マップ」です。
GIS ではさまざまな地理情報や位置情報を利用できますが、各データのフォーマットは一律ではなく、扱い方や処理方法も異なり、地図として可視化するにはそれなりのスキルが必要となります。これらのデータを Web 上にマップとして共有することで、GIS の使用方法を知らない方でも簡単に利用することができます。


Web マップの例(千葉県浦安市の学校区と小中学校・幼稚園・保育園)
(画像をクリックすると Web マップが開きます)

Web マップの基本的な構成は、道路地図・地形図・衛星画像といったベースマップ(背景地図)の上に、ユーザーが持つデータや Web 上に存在するオンライン マップ サービスをレイヤーとして重ね合わせ、レイヤーの表示スタイルやポップアップ(マップ上でフィーチャをクリックした際に表示される情報ウィンドウ)を設定します。

Web マップの基本的な作成手順

この Web マップは Web GIS のポータルで共有され、時と場所を選ばずに、必要な時に必要なデータに簡単にアクセスすることができます。

Web マップに追加することができるデータ

Web マップには、各種のデータをレイヤーとして追加し、1 枚の地図として表現することができます。追加できるデータの例としては、GIS データ(シェープファイルや KML など)、画像データ(衛星画像や航空写真など)、リアルタイム データ(各種センサーから取得したデータや SNS のデータなど)、各種の情報システム上で扱われるビジネス データなどがあります。

Web マップの利用場面

Web マップをポータルへ保存して共有することで、さまざまな用途で活用することができます。その例をいくつかご紹介します。

(1) 屋外でのマップ閲覧とデータ収集、リアルタイムでの状況確認

インターネット上のポータルで共有された Web マップにスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からアクセスすることで業務に必要な情報を素早く参照したり、マップ上のフィーチャを編集(新規入力、削除、更新)することで現場の状況を迅速に反映したりすることができます。また、同じ Web マップにダッシュボード アプリからアクセスすれば、マップのリアルタイムな更新状況をオフィスなどでモニタリングすることができます。

これは、Web マップというオンラインの情報リソースを活用した、リアルタイムな業務連携パターンと言えるでしょう。

(2) 「ストーリー マップ」で多種多様な事柄を伝える

Web マップの「共有」とは、単に組織内の共有のみを指すのではなく、世界中のすべての人々との共有という意味もあります。Web マップ上のフィーチャに、写真・動画・テキストといったマルチメディア情報を付加して「ストーリー マップ」にすることで、さまざまなストーリーを伝えることができます。これは全く新しい情報公開の形です。

main1
ストーリー マップの例:2014 年度東京マラソンへの参加記録
(画像をクリックするとストーリー マップが開きます)

このように、Web マップは地理空間情報の利用範囲や用途を大幅に広げることができる、「クラウド時代のマップ」です。ArcGIS Online 個人向けプランを使えば、無料で個人的な旅行記やおすすめのレストランマップといった気軽なマップも作ることができます。

 
Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る