通信 GISソリューション

BCP (事業継続計画)

BCP 策定と実施において地図は欠かせない要素です。事業所や従業員の配置を地図化することに始まりますが、それは BCP の一端に過ぎません。影響分析や脅威分析、ビジネスのリカバリー案の策定など、多岐に及ぶ検討を地図上で行うことで、ビジネスの継続を実現することが可能になります。

BCP_pic0

概要

BCP(事業継続計画) 対策

会社や工場などの施設が被災するリスクや、交通網がマヒしたときに帰宅・出社困難になる可能性がある従業員がわかれば、BCP 策定における様々な疑問を解決できます。

→ 詳細はこちら

被災状況のモニタリング

地震・津波・台風・土砂・火山噴火などの自然災害発生時、各拠点の担当者がモバイルで被災状況を入力し、本部は入力された被災状況や復旧状況をダッシュボードアプリでモニタリングすることができます。

→ 詳細はこちら

 

特長

影響分析

従業員の住居や会社施設の地理的な把握や、エリア別のビジネスポテンシャルを可視化することで、災害時の影響範囲を分析することが可能になります。

脅威分析

地震や洪水などがどの範囲に影響をもたらすとこになるのかを分析することで、その影響の度合いを把握することが可能です。

ビジネス継続

影響を受けたビジネスエリアにおいて、社員がどこに支援を行うことが出来るのかや、設備の復旧作業をどうすべきなのか、失われたビジネスをリカバリーするためには、どのエリアにその余地があるのかなど分析を行い、インパクトからの復旧を早めることが可能です。


動画


再生画像

事例:NASCARレース

バージニア州 ヘンリコ郡 公安局 – 大規模自動車レースにおける有事の情報共有での活用

再生時間: 3:58


ソリューション

ArcGIS Online

ArcGIS Online

オンラインで手軽に施設や従業員をマッピングし、道路データを用いた、徒歩や自動車での施設からの到達圏分析などが、手軽に行えます。またその情報をオンラインで手軽にシェアできます。

ArcGIS Online の詳細を見る

ArcGIS Business Analyst

ArcGIS Business Analyst

ArcGIS Business Analystは施設や従業員をマッピング、到達権分析を1台のPCの中で完結することが可能です。また営業エリアや商圏の地域的ポテンシャル分析なども本格的な分析が可能です。

ArcGIS Business Analystの詳細を見る

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る