製品 > ArcGIS Geo Suite 道路網 > 活用事例

ArcGIS Geo Suite 道路網

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

ArcGIS 活用による配送計画シミュレーションで新設物流センターのリソース配置をスピーディに実現

株式会社エバルス

近年、病院、診療所、調剤薬局からの取引需要の増加に伴い、効率的な運送計画の立案や人員確保が急務となっていた株式会社エバルスでは、ArcGIS Network Analyst と SUNMAP for VRP の導入により、迅速に運送計画を立案できるようになった。

医療機関へのアクセス性を考慮した病床需給の過不足を推計

千葉大学

千葉大学 医学部附属病院 地域医療連携部 土井助教は高齢者人口の増加を踏まえ、今後の医療政策の基礎資料として必要病床数の将来予測に関する研究を行っている。本研究では各町丁字別の将来人口と患者数を推計し、医療機関へのアクセス性の解析と各病院の過不足病床数の解析を行った。

ArcGIS Onlineで犯罪・交通事故発生情報公開システム「安心・安全マップ」の運用を開始

愛知県警察本部

犯罪・交通事故情報を住民に公開することにより、防犯・交通安全対策に貢献 課題 地域住民への安全対策に向けた情報発信 警察内部で管理するデータの迅速な更新 導入効果 犯罪や交通事故の発生情報が地図上で確認可能に 事件・事故(詳細はこちら)

保健医療GIS

疫学や医療統計学、訪問介護の分野でArcGISによって感染症対策や生活習慣病の予防対策などの様々な分析が行えます。 活用方法 感染症発生分布状況分析 新型インフルエンザなどの感染症発生分布状況を時系列解析し、感染症対策に(詳細はこちら)

輸配送や訪問ルートの最適化

輸配送や訪問ルートの最適化

業務上の制約条件にもとづいて最適なルートを設定 部品や完成品を他の拠点や取引先に輸配送する際には、輸配送に用いるトラックの台数、ドライバーの人数やシフト、最長の輸送距離や時間など、さまざまな業務上の制約条件を考慮してルー(詳細はこちら)

地理情報から居住環境と生活習慣病の関係性を紐解く

島根大学

地理情報システムを活用して地域の生活習慣病予防を考える 居住環境が生活習慣病に及ぼす影響を GIS を使ってリスク検討する   イントロダクション 図1:島根大学生活習慣病コホート研究の対象地域 島根大学プロジ(詳細はこちら)

地域医療需要の分析と最適な医療体制を提案

奈良県立医科大学

奈良県における病院再編後の脳梗塞救急診療体制に関する地理的分析 医療資源の配置において、人口カバー率を重視するか、人口集中地に十分な量の配置と重きを置くか。20分の患者搬送時間を惜しむか、効率的な拠点化を目指すか。 &n(詳細はこちら)

メンテナンス体制の合理化

自社のサービス拠点分布と管理物件分布を重ね合わせ、各お客様に対して提供できるサービス品質の向上を実現できます。  サービス品質の評価 お客様の各物件には、それぞれ何分以内で到着できる? 保証できるサービス品質は? 各お客(詳細はこちら)

ホームヘルパーの効率的な訪問ルートの分析

効率的なサービスの提供の必要性 2000年に介護保険制度が開始されて以降、ホームヘルパーが家庭を訪問し、介護を行うサービスである訪問介護サービスの需要が増加しています。訪問介護においては、利用者に対してサービスを確実に提(詳細はこちら)

緊急搬送カバー率の可視化から中山間地域の医療課題を抽出

島根大学

GISを活用した多次元データの集学的高度利用 島根県における救急搬送カバー率について可視化することで医師不足以外の問題点を抽出する 概要 島根大学プロジェクト研究推進機構疾病予防研究拠点は、本大学が有する知的資産と知的創(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る