企業のBCP対策・リスク管理

企業は自然災害や感染症など、企業のビジネスにおいて、様々なリスクに晒されている状況にあります。
リスクマネジメントにGIS を用いることで、平時からリアルタイムの様々な災害リスクデータを重ね合わせることが可能です。
ArcGIS は自社のビジネスを守り、継続性を高めるためのプラットフォームを提供します。

企業のリスクマネジメントとGIS

ArcGIS で利用可能な災害関連データ

国内・海外のデータを取り揃えているほか、国や自治体が公開しているGIS データもご利用いただけます。

  • 国内
  • 国内(リアルタイム)
  • 海外

※各データの提供元・出典元は、詳細ページをご確認ください

※各データの提供元・出典元は、詳細ページをご確認ください

※各データの提供元・出典元は、詳細ページをご確認ください

活用事例

GM社(ゼネラルモーターズ)

サプライチェーンのリスク管理・調査
事例を見る

東京海上ディーアール

自然災害のリスクを一元化し、情報を顧客へ提供
事例を見る

鹿島建設

リアルタイムに対応した災害情報共有システムの活用
事例を見る

ソリューション

NADIAct

リアルタイムの気象情報を防災・減災に活用するクラウドGIS サービス。リアルタイムな災害リスクを地図上に表示、分析するだけでなく、GIS データを追加してカスタマイズすることも可能です。

NADIAct の詳細を見る

 

道路交通オンラインサービス 道路通行実績情報

トヨタ車のコネクティッドカーから得られるカープローブデータをもとに、全国各道路のリアルタイムな交通状況を把握できます。

道路通行実績情報
の詳細を見る

 

気象オンラインサービス(ゲヒルン版)

リアルタイムの気象情報を地図上に可視化します。 ゲヒルン株式会社から提供される土砂災害・浸水害・洪水害の危険度などの情報を、ArcGIS で利用可能な形式で配信するため、データ変換等を行うことなくご利用いただけます。

気象オンラインサービス
(ゲヒルン版)の詳細を見る

 

TCFD・気候変動リスク対策

気候変動に対する企業の取組や情報開示に対して、自社拠点やサプライヤーに対して一括で水害などの災害リスクを重ね合わせ、事業に対する物理リスクの評価算出をサポートします。

TCFD・気候変動リスク
対策の詳細を見る

ESRIジャパンへの
お問い合わせ

GIS活用にご興味があればぜひお気軽にお問い合わせください