製造業 GISソリューション

 

ビッグデータを直感的に理解

IoT(Internet of Things)では、実際に「どこか」に存在しているモノとインターネットがつながります。
モノの様々な状態を取得し、サービスに活用するにあたっては「位置」いう要素は欠かせません。テレマティックス、コネクテッドカー、自動運転といった自動車分野は元より、様々な乗り物、モバイル機器、人、物資など、その対象はとても広域です。地図は可視化、分析、他データとの重ね合わせ、インターフェースのツールとして、貴重な気づきを得ることができます。

概要

カーナビの走行データを分析・可視化

自動車の走行データ(フローティングカーデータ)をリアルタイムに収集し、地図上で分析・視覚化することで、精度の高い渋滞情報や二酸化炭素排出量が多い地点がすぐに把握できます。

→ 詳細はこちら

道路の通行人認識で危険箇所を可視化

車載カメラやセンサーから得られる画像やテレマティクスのデータをArcGISに取り込むことで、人に衝突しそうな地点を可視化・分析により、街中に潜む危険箇所を把握することができます。

→ 詳細はこちら

プリンターのインク消耗状況を可視化

プリンターのインクが少なくなってきたらセンサーがそれを感知し、自動的に補充用のインクの購入手続きが行われ、補充用のインクを配送するサービスが考えられていますが、こうしたサービスのオペレーションも、GIS と組み合わせることでより効率的に行うことができるようになります。

→ 詳細はこちら

IoTで屋内の位置情報を把握

ヒートマップにより、店内の顧客の滞留状況を直感的に把握することが可能になり、商品、POP 広告、サイネージなどの配置改善に向けた施策の検討につなげることができます。

→ 詳細はこちら

 

IoT の活用事例

特長

リアルタイムデータ

動体の移動状況や設備の稼働状況などリアルタイムに送られてくる様々な種類のデータを簡単に取り込み事が可能です。

可視化

取り込まれたリアルタイムのデータを地図上に簡単に表示することで、離れた場所からでも状況を把握できます。

通知

設備の故障や目標地点への到達など、知りたい条件が合致した時に、適切な通知を送ることで重要な事象を確実に把握できます。


動画


再生画像

効率的な航空機のエンジン整備に向けて

IoT で繋がったエンジン部品の状態をリアルタイムで把握

再生時間: 1:07


再生画像

活用法:プローブデータ可視化、分析デモ

収集したプローブデータを地図上に表示して、可視化・分析を行うデモ動画

再生時間: 3:58


再生画像

事例:NASCARレース

バージニア州 ヘンリコ郡 公安局 – 大規模自動車レースにおける有事の情報共有での活用

再生時間: 3:58

ソリューション

ArcGIS Pro

ArcGIS Pro

移動体や装置から送られてくるデータは非常に膨大になり、理解するための処理や描画に多くの時間がかかります。ArcGIS Pro は位置情報を含む膨大なデータを高速に処理し、素早く地図上に描画することで、発生している状況を素早く、正確に把握することが可能になります。

ArcGIS Pro の詳細を見る

ArcGIS GeoEvent Server

ArcGIS GeoEvent Server

ArcGIS Enterprise と GeoEvent Serverを使うことで、さまざまなタイプのリアルタイムデータに接続が可能になります。車や人などが持つGPSセンサーからSNSのストリームデータなど刻々と流れてくるデータを取り込み、リアルタイムに地図上で確認することができます。また、移動体が特定エリアへ侵入したり、装置の異常発生などの特定条件に合致するデータを検知した時には、メール通知などのイベントで知らせることが可能になります。

ArcGIS GeoEvent Server の詳細を見る

資料請求

製造業界向けの地図活用の資料を配布しています。お気軽にお申し込み下さい。

製造業界向け『地図活用ハンドブック』

  • 製造業界での地図活用をご紹介   『製造業者様向け ビジネスマップ 活用ハンドブック』
  • すぐに活用できる地理データ活用法   『エリアマーケティングを強化する データ活用術』

資料送付申し込み

※ 本ハンドブックは製造業の事業社のみ配布させていただいております。 配布をお断りさせていただくことがありますが予めご了承ください。

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る