GIS 基礎解説 > その他 > CAD データの利用

GIS 基礎解説

CAD データの利用

 

GIS データと CAD データ

GIS データは地域やあるいは国、世界的なエリアで現実世界をモデル化し、そのエリアの特性を理解するために利用されます。一方で CAD データは建物などのオブジェクトをモデル化しその設計の意図や構造を示すために利用されます。したがって一般的に CAD データは GIS データよりも狭いエリアを対象とします。

GISデータ

GIS データ

CADデータ

CAD データ

GIS データと CAD データの連携

GIS データと CAD データを連携させることで GIS の豊かなデータ表現力や高度な空間解析、そして CAD データが持つ図面情報などの資産を活かして空間データを利用することができます。CAD 図面を GIS データに重ね合わせて現地調査に活用したり、CAD データと地形や地質などのその他の GIS データを重ね合わせて解析を行ったりすることができます。

GIS データと CAD データの連携

ArcGIS から CAD データを読み込む

ArcGIS for Desktop は CAD データを直接読み込むことができます。AutoCAD の DWG/DXF、MicroStation の DGN などの主要なフォーマットの CAD データを直接読み込んで他の GIS データと重ね合わせることができます。CAD 図面を GIS データと重ね合わせるために CAD データの座標値を地図上の座標値に補正するツールも提供されています。

ArcGIS から CAD データを読み込む

CAD データを GIS データに変換する

ArcGIS for Desktop は CAD データを GIS データに変換するためのツールも提供しています。CAD データを GIS データに変換すれば CAD データの情報を保ったまま GIS データとして空間解析を実行したり、属性情報などを利用したさまざまな表現方法でデータを可視化したりすることができます。

GISデータ
CADデータ

ArcGIS による CAD データの利用

CAD データを GIS データに変換して ArcGIS で利用すると、データの編集や空間解析だけではなく、さまざまな方法で情報を共有することもできます。CAD のシステムと ArcGIS のシステムを柔軟に連携して空間データの利活用の幅を広げた業務フローを実現することができます。

ArcGIS による CAD データの利用

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る