GIS 基礎解説 > GIS の活用 > 現地調査と GIS

GIS 基礎解説

現地調査と GIS

 

現地調査とは

現地調査とは、業務や研究において、実際に現地に足を運び、現場の状態などのデータを収集することを指します。現地で調査を行うことによって、手持ちのデータからでは得ることのできない情報や、詳しいデータを得ることができます。また頻繁に変化する対象について、現在の状態を把握するといったことが可能です。

従来の現地調査と GIS を用いた現地調査
~GIS を使うメリット~

従来の現地調査は、紙の調査票を持って現地に行き、現地の状況を記入、オフィスに戻り調査票の内容をデータとして入力、そのデータを元に分析、意思決定を行う、という流れでした。
しかし、GIS を使うことによって現地調査でのデータ収集、編集、更新をリアルタイムで実施し、その結果を組織内のすべてのメンバー間で即座に共有することができるようになります。
では実際に従来の現地調査と GIS を用いた現地調査を比較してみましょう。ある現地調査を想定して作業の流れを図に表してみました。

このように GIS を用いた現地調査では現地で入力したデータが直接クラウド上に蓄積されるため、現地調査から戻った後に行うデータの入力作業や、位置情報の入力作業を行う必要がありません。これにより、データ入力の際に発生する可能性のあるミスを減らし、位置情報についてはその地点で入力した位置情報がそのままデータとなります。このように GIS を用いた現地調査では、データ収集の効率性の向上や意思決定を行うまでの時間短縮が可能です。

現地調査に役立つ ArcGIS 製品

ArcGIS のマップ表示機能やデータ収集機能と、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末が持つ GPS やカメラなどの機能を連携することで、簡単な操作で現地の調査結果をマップ上に記録することができます。記録した調査結果はリアルタイムにネットワークを介してオフィスに共有されます。


ドローンで取得された画像から生成されたオルソ画像と DSM (※)

Collector for ArcGIS

現地でのデータ収集には、Collector for ArcGIS を使いスマートフォンやタブレットで効率的にデータを収集、更新したり、現在地の記録や、取得したデータをクラウド上に同期します

Survey123 for ArcGIS

Survey123 for ArcGIS を利用すると、自分で作成した調査フォームを利用してデータ入力、結果の管理、分析が行えます。

Operations Dashboard for ArcGIS

現地調査で入力したリアルタイムの情報をマップ、グラフ、ゲージなどと組み合わせて表示し、管理するために Operations Dashboard for ArcGIS を利用します。

このように ArcGIS 製品を利用することで現地調査の効率性が大幅に向上します。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る