製品 > ArcGIS Spatial Analyst > 活用事例

ArcGIS Spatial Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

緊急搬送カバー率の可視化から中山間地域の医療課題を抽出

島根大学

GISを活用した多次元データの集学的高度利用 島根県における救急搬送カバー率について可視化することで医師不足以外の問題点を抽出する 概要 島根大学プロジェクト研究推進機構疾病予防研究拠点は、本大学が有する知的資産と知的創(詳細はこちら)

緑地保全・創出を効果的に発揮するための行政の取組み

柏市

健康の増進、生き物とのふれあい、災害時の避難等に役立つ緑地を守り、育てるために 緑地を保全・創出する必要のある場所をGISで明らかにし、制度と結び付けることで緑地の永続性の担保を図る イントロダクション 千葉県柏市が抱え(詳細はこちら)

まちづくりへのGISの援用を高校生が実践。自ら学会等で情報発信も

新潟県立新発田南高等学校

高校における空間情報科学の確立 GISの研究やGISが普及することにより高校教育の振興へも寄与できる 概要 新発田市の位置 各地で行政と市民の協働による“まちづくり”の議論が盛んである。しかしながら、“まちづくり”への議(詳細はこちら)

絵図・古地図を活用し地域の変容を解明。GIS 教育と地域貢献活動

徳島大学

貴重な史料を活かして数百年の地域の変容を解明する 徳島大学ではGIS専用ルームを整備してGIS教育に取り組んでいる。地域の貴重な史料を活用することにより、GISによる地域貢献活動も積極的に進めている。 概要 図1 GIS(詳細はこちら)

リモートセンシングとGISを駆使して津波被災地の浸水域と建物被害の把握

東北大学大学院

建物被害地図の作成と復旧・復興に向けての活動 東北地方太平洋沖地震津波災害 2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震による大津波が発生し、12都道県で死者・行方不明者19,867人(死者:15,781人、行方不明者:4(詳細はこちら)

ポーランド湖水地方の自然保護とカーラリー開催による環境への影響をGISで可視化

ラリー・ポーランド

ラリー・ポーランドはクルクリンの森林環境を悪化させるのか? 90年もの歴史を誇るカーラリーが周辺環境に与える影響をGISで可視化。ポーランド湖水地方の自然保護とラリー開催の両立は可能なのか。 イントロダクション 小さな木(詳細はこちら)

帝国データバンクの大規模データを地理情報システムと融合。企業間の取引構造を可視化

帝国データバンク

企業間取引、移転、企業誘致の経済効果など、さまざまな企業活動の実態にどこまで迫れるか? 帝国データバンクの大規模データベースにデータマイニングとGISを融合し、企業間の取引構造を可視化することでサプライチェーンの把握に挑(詳細はこちら)

GISを潮力発電の適地選定に利用

ジョージア工科大学

米国南東部における新エネルギー活用への取り組み ジョージア州沿岸の入り組んだ地形が生み出す強い潮の流れを可視化し、潮力発電の可能性を探る。 イントロダクション フィルター処理後の潮流密度の地図 潮流とは、潮の満ち干きによ(詳細はこちら)

地すべり地形分布図データベースのインターネット公開

防災科学技術研究所

進化を続けるWebGISによるインターネット公開 利用者にとってより使いやすく、提供者側にとってより管理しやすいサイトを目指して。   地すべり地形分布図 地すべり発生直後の写真(澄川地すべり、1997年5月) 地すべり(詳細はこちら)

過疎化・高齢化の著しい地域の買物難民問題をGISで把握

鹿屋体育大学

過疎化・高齢化の著しい地方自治体住民の生活実態に注目(その2) 中山間地や離島を中心に過疎化・高齢化が及ぼす市民生活における影響を解析 背景 南大隅町全体図 南大隅町の地形・集落・河川 都市に人口が集中し、中山間地や離島(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る