製品 > ArcGIS Network Analyst > 活用事例

ArcGIS Network Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

ArcGIS 活用による配送計画シミュレーションで新設物流センターのリソース配置をスピーディに実現

株式会社エバルス

近年、病院、診療所、調剤薬局からの取引需要の増加に伴い、効率的な運送計画の立案や人員確保が急務となっていた株式会社エバルスでは、ArcGIS Network Analyst と SUNMAP for VRP の導入により、迅速に運送計画を立案できるようになった。

環境と調和した地域・都市づくり支援のためのマップ作り

広島大学

地域都市計画・都市環境を専門としている広島大学 田中教授の研究室では、都市の高温化現象、地方都市のコンパクトシティ計画、中山間地域における地域資源情報の共有化、といった研究課題に取り組んでおり、 ArcGIS を使用することで環境と調和した地域・都市づくり支援のためのマップを作成することができた。

高齢者の買い物難民を特定

わが国では少子高齢化による人口減少や、都心部への人口集中により、地方の商店街や小売店が閉鎖していることが地域課題となっています。 ArcGIS Desktop の解析機能を使用して、商店街や小売店が閉鎖することでスーパー(詳細はこちら)

地域に根差した地域創生のための人材育成/研究推進

北海学園大学

地域に根差した地域課題の解決に資する人材を育成することを課題としている北海学園大学では、学部の垣根を越えて履修できる「地理情報システム論」が新設され、講義の中でGISの実習を行うことで、学生のGIS技術/研究技能の取得機会の拡大することができた。

医療機関へのアクセス性を考慮した病床需給の過不足を推計

千葉大学

千葉大学 医学部附属病院 地域医療連携部 土井助教は高齢者人口の増加を踏まえ、今後の医療政策の基礎資料として必要病床数の将来予測に関する研究を行っている。本研究では各町丁字別の将来人口と患者数を推計し、医療機関へのアクセス性の解析と各病院の過不足病床数の解析を行った。

ArcGIS Onlineで犯罪・交通事故発生情報公開システム「安心・安全マップ」の運用を開始

愛知県警察本部

犯罪・交通事故情報を住民に公開することにより、防犯・交通安全対策に貢献 課題 地域住民への安全対策に向けた情報発信 警察内部で管理するデータの迅速な更新 導入効果 犯罪や交通事故の発生情報が地図上で確認可能に 事件・事故(詳細はこちら)

IoT と GIS の活用で消耗品の補充オペレーションを効率化

センサー活用による消耗品の自動補充 インターネットにつながったセンサーにより「モノ」の状態などの情報を把握する IoT(Internet of Things)のコンセプトを消耗品の補充などに活用するサービスが生まれつつあ(詳細はこちら)

廃棄物収集運搬の最適化に向け、ガス化改質施設・中継輸送施設の適地選定

埼玉県環境科学国際センター

行政上必要な環境汚染や環境影響を調べる埼玉県環境科学国際センターは、地域の特性に応じた資源循環システムの構築に向け、GISを用いた廃棄物収集運搬の最適化に関する研究を行い、ガス化改質施設・中継輸送施設の適地選定手法の構築を行った。

保健医療GIS

疫学や医療統計学、訪問介護の分野でArcGISによって感染症対策や生活習慣病の予防対策などの様々な分析が行えます。 活用方法 感染症発生分布状況分析 新型インフルエンザなどの感染症発生分布状況を時系列解析し、感染症対策に(詳細はこちら)

地域医療および救急医療における課題の把握・分析と見える化

和歌山県立医科大学 地域医療支援センター

対象医療圏の救急医療へのアクセシビリティの評価にGISを活用し、地域医療の課題を分かりやすく見える化した。


Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る