製品 > ArcGIS Drone2Map > 製品詳細 > 操作のステップ

ArcGIS Drone2Map

操作のステップ

Drone2Map は、あらかじめ準備されているテンプレートを選択し、画像を入力して処理を実行するだけの簡単なステップを提供します。

簡単 3 ステップ

処理ステップ

1. テンプレートの選択

デフォルトで用意されている 4 種類のテンプレートからその状況に合わせて1つ選択します。

  • 2D 高速: 軽量なオルソモザイク画像、DSM (数値表層モデル)、DTM (数値地形モデル) を短時間で作成し、撮影された画像の範囲やクオリティをチェックします。
  • 2D マッピング: 高解像度のオルソモザイク画像、DSM (数値表層モデル)、DTM (数値地形モデル) を作成します。
  • 3D マッピング: 精細な 3D 点群、3D テクスチャ メッシュ、3D PDF を作成します。
  • 検査: 画像検査ビューアを使用して対象の地物を効率的に調査します。

上記のテンプレートを基に処理オプションを変更してカスタマイズテンプレートを作成することが可能です。

2. ドローン画像の入力

撮影時のメタデータ (Exifデータ) に位置情報が含まれているか、外部の GPS ファイルが必要です。

入力データ

入力画像のフォーマットは、TIFF (*.tif, *.tiff) または JPEG (*.jpeg, *.jpg) をサポートしています。良好な成果物を得るためにはドローンで撮影する際の条件も重要となります。ドローン撮影時については、入力画像の撮影計画をご参照ください。

3. 処理スタート

選択したテンプレートの設定のまま処理を実行しても OK、実行前に処理設定や出力内容を変更することもできます。

D2Msetting

生成物の確認/共有

作成した 2D/3D データは、Drone2Map のマップ上や ArcGIS Desktop で確認したり、解析に利用できます。また、Drone2Map から ArcGIS Online 上に タイル レイヤーやシーン レイヤーといった Web サービスとして共有することができ、様々な環境で利用することができます。

◆関連ブログ記事

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る