製品 > Drone2Map for ArcGIS > 製品詳細 > 操作のステップ

Drone2Map for ArcGIS

操作のステップ

1. 作成したいプロダクトや用途に応じてテンプレートを選択

テンプレートは以下のようなものがあらかじめ準備されています。

  • Rapid: 軽量なオルソモザイク画像、DSM(数値表層モデル)、DTM(数値地形モデル)を短時間で作成し、撮影された画像の範囲やクオリティをチェックします。
  • 2D Mapping: 高解像度のオルソモザイク画像、DSM(数値表層モデル)、DTM(数値地形モデル)、NDVI(正規化植生指数)を作成します。
  • 3D Mapping: 精細な 3D 点群、3D テクスチャメッシュ、3D PDF を作成します。
  • Inspection: 画像検査ビューアを使用して関心のある地物を効率的に調査します。

処理テンプレート

2. 画像を読み込んで、処理を実行

GPS 情報を含む画像をフォルダーごと読み込み、[Start] ボタンを押せば処理が実行されます。内部では高度な写真測量技術により、3D 点群データ、3D メッシュや標高データ(DSM や DTM)、オルソモザイク画像などがまとめて生成されます。出力された GeoTIFF や LAS ファイルは、そのままデスクトップ GIS ソフトウェアで使用することが可能です。

処理の実行

3. 作成した 2D/3D プロダクトは、すぐに共有

処理結果は、リボン インターフェース上の [Share] から直接 ArcGIS Online 上のタイル レイヤーやシーン レイヤーといった Web サービスして共有し、様々な環境で利用することができます。

プロダクトの共有

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る