製品 > ArcGIS > 導入のメリット > 屋外でのデータ収集・共有

ArcGIS

屋外でのデータ収集・共有

屋外でのデータ収集の効率性を大幅に向上できる

屋外でのデータ収集、編集、更新をリアルタイムで実施し、その結果を組織内のすべてのメンバー間で即座に共有することができます。

現場での現地調査のデータをクラウド上で管理。調査結果をすぐにデータ分析し、意思決定までの時間を大幅に短縮

ArcGIS のマップ表示機能やデータ収集機能と、モバイル端末が持つ GPS やカメラなどの機能が連携し、簡単な操作で現地の調査結果をマップ上に記録することができます。記録した調査結果はリアルタイムにネットワークを介してオフィスに共有されます。

効率的なデータ収集を支援する ArcGIS のアプリ

調査用のデータをクラウド上に共有すれば、あとはダウンロードしてすぐに使用できるアプリで現地調査を開始できます。

現場でのデータをクラウド上に収集

スマホやタブレット端末を用いて、現場で効率的に
データを収集できるアプリ

モバイル通信や無線 LAN でインターネットに接続した状態であれば、アプリで収集したデータは即座にクラウド上に反映されます。また、山間部など、データ通信のための電波が届かない場所の場合は、あらかじめ調査対象地域の地図データを端末にダウンロードすることで、オフライン環境でも効率的にデータ集を行えます。

現場の情報がリアルタイムに可視化するダッシュボードアプリ

現地での作業状況をリアルタイムに可視化できる
ダッシュボード アプリ

現地調査員が使用するモバイル GIS アプリケーションからの更新情報、車載 GPS の位置情報など、組織内で刻々と変化する情報を地図上に可視化し、リアルタイムにモニタリングすることができるアプリです。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る