製品 > ArcGIS > できること > 3D GIS

3D GIS

現実世界は 3D、GIS も 3D

私たちの現実世界をあなたのデータとアイデアで

作成、表現、解析、共有してみませんか?


作成

さまざまなデータソースから

3D データを作成・編集

→ 詳細はこちら

表現

3D ビジュアライゼーションで

データをもっとわかりやすく

→ 詳細はこちら

解析

3D 解析から導き出される

新たな解決策

→ 詳細はこちら

共有

3D マップをいつでも

手軽に誰とでも

→ 詳細はこちら


作成

3D データとは、高さを持つデータのことです。 3D データはさまざまな方法で作成・整備することができます。例えば以下のような方法です。

  • 2D データに標高値や高さ値を付与し、地形や、建物を 3D データに変換、立体的に表現
  • 3D データを一から作成
  • 3D データの形状や高さ値を変更するなどの編集を行うことにより、間違ったデータを修正
  • ポリゴンやラインからリアルな建物モデルや道路モデルを生成

3D データを作成・編集することで、ニーズに合った 3D データを用意でき、またそのデータを使って 3D 解析を行うことができます。


表現

位置情報に高さを活かした 3D 表現が可能です。例えば、以下のような場合に 3D ビジュアライゼーションが効果的です。

  • 台風の最大瞬間速度を高さで表現し、経路と合わせて確認
  • 建物などの高さを 3D で立体的に表現し、都市景観を作成
  • 地層の表現
  • 傾斜角の情報を持つ画像データを 3D で確認し、標高との関連性確認
  • アニメーションで、さまざまな角度から 3D マップを表示。

位置と高さの情報を直感的に把握できる表現が設定できます。


解析

3D 解析を行うことで、2D では見えなかった新たな発見があります。例えば、以下のようなことができます。

  • 建物による影の影響解析
  • 屋内の避難経路などを導出する 3D ネットワーク解析
  • 街の見通し解析による障害物判定
  • 宅地造成による切り土・盛り土の質量算出

あらゆる分野で 3D 解析を活用することにより、最適な意思決定を行うことができます。


共有

作成した 3D マップを、Web ブラウザーやデスクトップ アプリ上で利用できます。そのため、専用のソフトウェアを持っていない、一般または会社内のユーザーと 3D マップを簡単に共有することができます。


活用事例

都市計画

都市の未来を 3D で可視化(ホノルル市)

その他の都市計画の事例を探す

教育

絵図・古地図を活用し地域の変容を解明(徳島大学 総合科学部 地理学教室)

その他の教育の事例を探す

自然環境

風況シミュレーションで最適な意思決定 −Airflow Analyst−(有限会社 環境ジーアイエス研究所)

その他の自然環境の事例を探す

メディア

昭和30年代の東京の街並みをリアルに再現(株式会社白組)

その他のメディアの事例を探す


3D GIS 対応製品

Esri CityEngine

3D 都市や建物モデルを効率的に作成できるプロフェッショナル向けのソフトウェア製品

Esri CityEngine の詳細を見る

ArcGIS 3D Analyst

3D データの作成や表現、解析を行う ArcGIS for Desktop エクステンション製品

ArcGIS 3D Analyst の詳細を見る

ArcGIS Pro

3D に対応した ArcGIS for Desktop の最新 GIS アプリケーション

ArcGIS Pro の詳細を見る

ArcGIS Online

3D マップを共有できるクラウド GIS サービス

ArcGIS Online の詳細を見る

ArcGIS for Developer

3D アプリを開発できる開発者向けサービス

ArcGIS for Developer の詳細を見る

ArcGIS Earth

3D マップを閲覧できる最新アプリケーション

ArcGIS Earth の詳細を見る

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る