事例 > 都市部の不動産資産査定に3D都市モデルツールを活用。空間規制を視覚化

事例

都市部の不動産資産査定に3D都市モデルツールを活用。空間規制を視覚化

Urban Synergy

 

スイス・チューリッヒの Urban Synergy グループは各顧客の要望に沿って都市部の不動産資産を査定する新しい管理方法を模索していました。
まず、建築形成、地形、潜在的ボリュームや好立地条件などに基づき、不動産資産のアセスメントを行い、建築規制をルールベースのデジタル機器に移行して、いくつかの緻密化戦略をテストしやすくしました。
そして、CityEngine でデジタル化した空間規制とモデル化された街を視覚化し、最終的には現在の建築環境と、今後建設可能な最大潜在緻密化オプションを可視化しました。

2012_UrbanSynergy_1

2012_UrbanSynergy_2

関連業種

関連製品

掲載日

  • 2012年9月27日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る