製品 > ArcGIS Runtime SDK for .NET > 製品詳細 > オフライン アプリ

ArcGIS Runtime SDK for .NET

オフライン アプリ

Runtime_SDK

 

特長

multi-os feature Sync

主要 OS を網羅

PC 端末から携帯に便利なタブレット、モバイルにも対応

・Windows
・iOS
・Android

地図アプリ開発に欠かせない機能を網羅

それらの機能を組み合わせることで要件に応じた柔軟な地図アプリを開発可能

・地図表示
・住所検索
・ルート検索
・編集

スタンドアロン アプリはもちろん、そうでないアプリも開発可能

編集したデータはマスター データへ同期することも可能なため、マスター データを常に最新の状態へ更新することが可能

 


 

オフライン機能 3 つの実現パターン

オフラインで地図を閲覧したり、編集したりするには、表示や編集のためのデータを予め端末へ保存しておく必要があります。

そのデータをどのように準備するかによって実現できる機能が異なります。以下で紹介する 3 つのパターンは組み合わせて利用することも可能です。

デスクトップ連携パターン

デスクトップ連携パターン

デスクトップ製品で地図データや住所検索のもととなるデータなどを作成し、作成したデータを端末にコピーし使用する、読み取り専用のパターン

データの更新頻度が低い場合に最適

 

→ 詳細はデスクトップ連携パターン詳細


デスクトップ連携パターン

サービス連携パターン

Web 上に公開されたサービスから必要なときに必要な範囲の地図をダウンロードして使用する、編集や編集内容の同期も可能なパターン

データの更新頻度が高い場合や多数の調査員・調査範囲がある場合に最適

 

→ 詳細はサービス連携パターン詳細


デスクトップ連携パターン

ローカル データ連携パターン

シェープファイルや GeoPackage など、対応しているお持ちのデータを端末にコピーし使用するパターン

すでに対応データをお持ちの場合に最適

 

→ 詳細はローカル データ連携パターン詳細

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る