製品 > ArcGIS Runtime SDK for .NET > 製品詳細 > オフライン パターン

ArcGIS Runtime SDK for .NET

オフライン パターン

各機能の横に表示されているlitebasicstandard は、その機能を利用するために必要な ArcGIS Runtime SDK のライセンスを示しています。

Runtime_SDK

 

オフラインを実現するための 2 つのワークフロー パターン

オフラインで地図を閲覧したり、編集したりするには、表示や編集のためのデータを予め端末へ保存しておく必要があります。そのデータをどのように準備するかによって実現できる機能が異なります。


サービス パターン

ArcGIS Online や ArcGIS Enterprise で公開した Web 上のサービスから必要なときに必要な範囲の地図をダウンロードして使用する、編集や編集内容の同期も可能なパターン

デスクトップ連携パターン

 

特長

サービスパターンでは、要求に応じて特定のマップ、レイヤー、データをデバイスにダウンロードできるアプリを構築することができます。ユーザーはオフラインで運用データを編集したり、接続が復旧した際に他のユーザーと編集内容を同期したりすることができます。

利用できる機能およびデータ

  • 主題図編集basicstandard
    • フィーチャ サービス

デスクトップ パターン

デスクトップ製品で地図データや住所検索のもととなるデータなどを作成し、作成したデータを端末にコピーし使用する、読み取り専用のパターン

 

デスクトップ連携パターン

 

特長

ArcGIS Pro を使用すると、オフラインでも持ち運び可能なモバイル マップ パッケージやモバイル シーン パッケージを作成することができます。この方法の利点は、ArcGIS Pro を使用して一度データを準備し、デバイスに直接コピーするだけで済むことです。デスクトップ パターンは、データが静的で変更が少ない場合に適しています。このコンテンツには、フィーチャ、表形式データ、タイル キャッシュ、ルート検索のためのネットワーク データセット、ロケーターなどを含めることができ、1 つのモバイル マップ パッケージまたはモバイル シーン パッケージ ファイルにパッケージ化することができます。

利用できる機能およびデータ

 

その他のデータ利用

読み取り専用のデータに加えて、シェープファイルや GeoPackage など、別途ファイルとしてデータを保持することによりデータの編集を行うことができます。

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る