ArcGIS Maps SDK for Kotlin

アプリケーションの開発および評価

ArcGIS Maps SDK for Kotlin はソフトウェア開発キット(SDK)であり、開発者アカウントを作成すれば、開発および評価を無償から行うことができます。

アプリケーションの配布

SDK を使用して開発したアプリケーションを配布するには配布用のライセンスが必要です。配布に使用するライセンスは、開発したアプリケーションが利用する機能に応じて 3 種類のライセンスから選択します。

配布ライセンスの種類

Lite ライセンス

Lite ライセンスでは以下のような機能を実現することができます。

  • 地図表示(2D/3D)
  • フィーチャの表示/検索
  • フィーチャのオンライン/オフライン編集(パブリックなフィーチャ サービス)*1
  • ルート検索/到達圏解析/最寄り施設検索 *2
  • 住所検索/リバース ジオコーディング
Basic ライセンス

Basic ライセンスは Lite ライセンスで利用できるすべての機能に加えて以下のような機能を実現することができます。

  • フィーチャのオンライン/オフライン編集(セキュアなフィーチャ サービス)*1
  • モバイル ジオデータベースの編集
  • ArcGIS Online/Portal for ArcGIS のコンテンツの編集 *3
Standard ライセンス

Standard ライセンスは Basic ライセンスで利用できるすべての機能に加えて以下のような機能を実現することができます。

  • シェープファイルの表示/編集
  • GeoPackage の表示/編集
  • KML の表示/編集*4
  • ラスター データの表示/解析
  • 航海用電子海図(ENC)の表示
  • 3D 解析
Analysis Extension ライセンス

Standard ライセンスに Analysis Extension ライセンスを追加すると、 以下の機能を実現することができます。

  • オフラインでの到達圏解析/最寄り施設検索

*1:編集対象のフィーチャ サービスがインターネット上に一般公開され、誰でもアクセスできる場合は Lite ライセンスが適用されます。アクセスに認証が必要な場合やイントラネット利用の場合は Basic ライセンスが適用されます。

*2:ルート検索機能はオンライン/オフラインで利用可能です。到達圏解析と最寄り施設検索機能はオンラインでのみ利用可能です。オフラインで到達圏解析と最寄り施設検索機能を使用する場合は Analysis Extension ライセンスが必要です。

*3:ArcGIS Online/Portal for ArcGIS の指定ユーザー(レベル2 または Creator タイプ以上)アカウントが必要です。

*4:ローカルにある KML/KMZ ファイルを参照する場合は Standard ライセンスが必要です。Web 上にあるリソースを参照する場合は Lite ライセンス(表示のみ)で利用可能です。

配布ライセンスの入手方法

各配布ライセンスの入手方法は以下の通りです。

Lite ライセンス

Lite ライセンスを入手するには以下の 2つの方法があります。

  1. ライセンスキーを取得する
    • ArcGIS Developers のサイトから無償のライセンスキーを取得して、Liteライセンスを有効化することができます。
  2. ArcGIS Online または Portal for ArcGIS のアカウントを使用する
    • アプリケーション起動時に ArcGIS Online または Portal for ArcGIS に指定ユーザーアカウント (レベル1 または Viewer タイプ以上) でログインすることにより、Lite ライセンスを有効化することができます。
Basic ライセンス

Basic ライセンスを入手するには以下の 2つの方法があります。

  1. 配布パックを使用する
    • 配布パックを購入する必要があります。*1
  2. ArcGIS Online または Portal for ArcGIS のアカウントを使用する
    • アプリケーション起動時に ArcGIS Online または Portal for ArcGIS に指定ユーザーアカウント (レベル2 または Editor タイプ以上) でログインすることにより、Basic ライセンスを有効化することができます。
Standard ライセンス

Standard ライセンスを入手するには以下の 2つの方法があります。

  1. 配布パックを使用する
    • 配布パックを購入する必要があります。*1
  2. ArcGIS Online または Portal for ArcGIS のアカウントを使用する*2
    • アプリケーション起動時に ArcGIS Online または Portal for ArcGIS に指定ユーザーアカウント (Creator タイプ以上) でログインすることにより、Standard ライセンスを有効化することができます。 *3
Analysis Extension ライセンス

Analysis Extension ライセンスを入手するには以下の 2つの方法があります。

  1. 配布パックを使用する
    • Analysis Extension ライセンスは、Standard ライセンスに追加できる有償のライセンスです。Analysis Extension ライセンスを利用するには配布パックを購入する必要があります。*1
  2. ArcGIS Online または Portal for ArcGIS のアカウントを使用する*2
    • アプリケーション起動時に ArcGIS Online または Portal for ArcGIS に指定ユーザーアカウント (アドオン ライセンス Runtime Analysis 割り当て済み) でログインすることにより、Analysis ライセンスを有効化することができます。*3

*1:購入を希望される場合は、ESRIジャパンまでお問い合わせください。

*2:この認証は、バージョン 100.7より以前のバージョンでは使用できません。

*3:この認証は、Portal for ArcGIS (ArcGIS Enterprise 10.7) 以前のバージョンでは使用できません。

アプリケーションの配布に関する条件

取得した配布ライセンスはそれぞれ以下の条件となります。

Lite ライセンス
  1. ライセンスキーを使用する場合
    • 開発環境でアプリをビルドする際に、コードを使用してアプリケーションにコピーしたライセンスキーを設定します。詳しい方法は、ライセンスキーを使用した認証をご覧ください。
  2. ArcGIS Online または Portal for ArcGIS のアカウントを使用してライセンスを入手する場合
    • アプリケーションを使用するユーザーごとに ArcGIS Online 組織向けプランまたは Portal for ArcGIS の指定ユーザーアカウント(レベル1 または Viewer タイプ以上)が必要です。
Basic ライセンス
  1. 配布パックを使用してライセンスを入手する場合
    • 配布するアプリケーションと配布先の端末(デバイス)の組み合わせごとにライセンスが必要です。*1
  2. ArcGIS Online または Portal for ArcGIS のアカウントを使用してライセンスを入手する場合
    • アプリケーションを使用するユーザーごとに ArcGIS Online 組織向けプランまたは Portal for ArcGIS の指定ユーザーアカウント(レベル2 または Editor タイプ以上)が必要です。
Standard ライセンス
  1. 配布パックを使用してライセンスを入手する場合
    • 配布するアプリケーションと配布先の端末(デバイス)の組み合わせごとにライセンスが必要です。*1
  2. ArcGIS Online または Portal for ArcGIS のアカウントを使用してライセンスを入手する場合*2
    • アプリケーションを使用するユーザーごとに ArcGIS Online 組織向けプランまたは Portal for ArcGIS の指定ユーザーアカウント(Creator タイプ以上)が必要です。*3
Analysis Extension ライセンス

Analysis Extension ライセンスを入手するには以下の 2つの方法があります。

  1. 配布パックを使用してライセンスを入手する場合
    • 配布するアプリケーションと配布先の端末(デバイス)の組み合わせごとにライセンスが必要です。*1
  2. ArcGIS Online または Portal for ArcGIS のアカウントを使用してライセンスを入手する場合*2
    • アプリケーションを使用するユーザーごとに ArcGIS Online 組織向けプランまたは Portal for ArcGIS の指定ユーザーアカウント(アドオン ライセンス Runtime Analysis 割り当て済み)が必要です。*3

*1:ライセンスはアプリケーションとデバイスの組み合わせごとにカウントされます。以下にいくつかの配布例を示します:

  • 1 台のコンピュータ(デバイス)に異なる 3 種類のアプリケーションを配布した場合、必要なライセンス数は 3 です(デバイス:1 × アプリケーション:3 = 3)
  • 3 台のコンピュータ(デバイス)それぞれに 1 種類のアプリケーションを配布した場合、必要なライセンス数は 3 です(デバイス:3 × アプリケーション:1 = 3)
  • 3 台のコンピュータ(デバイス)それぞれに異なる 2 種類のアプリケーションを配布した場合、必要なライセンス数は 6 です(デバイス:3 × アプリケーション:2 = 6)

*2:この認証は、バージョン 100.7より以前のバージョンでは使用できません。

*3:この認証は、Portal for ArcGIS (ArcGIS Enterprise 10.7) 以前のバージョンでは使用できません。

ArcGIS Online のベースマップをタイルパッケージとして使用する際の制限事項

ArcGIS Online のベースマップをタイルパッケージとして出力することができます。すべてのベースマップではなく、エクスポートが可能なベースマップに限ります。ただし、当該機能をご利用の際は Esri が策定した使用ポリシーの遵守をお願いします。

よくあるご質問

  • 機能評価をしたいのですが、無償で利用できますか?
    開発及び評価目的の場合は、ArcGIS Developers にサイン アップして SDK をダウンロードするだけで、全ての機能を無償で利用することが可能です。
  • Lite ライセンスを用いたアプリに配布数の制限はありますか?
    いいえ、ありません。各 ArcGIS 開発者アカウントにつき 1 つのユニークな Lite ライセンスキーを作成できます。このライセンスキーは、ライセンスキーを保有する開発者が作成したすべてのアプリケーションで使用できます。
  • 有償のライセンスキーはどのように発行させますか?
    有償ライセンスのライセンスキーは配布パックとして提供されます。配布パックを購入すると、購入したレベルに応じた固有のキーが提供されます。追加で配布パックを購入した際は、通常は同一のキーが発行されますが、申請により異なるキーを発行することも可能です。
  • SDK で開発したアプリケーションを配布するために必要なライセンスは何ですか?
    開発したアプリケーションを組織内業務利用やアプリ ストアで配布 (無償、有償に関わらず) する場合は、配布ライセンスが必要です。配布ライセンスは Lite、Basic、Standard の 3 つのレベルを提供しています。アプリケーションで使用している機能に応じたライセンスをご購入していただく必要があります。商用アプリケーションの配布についてはお問い合わせください。