ニュース > 台風19号予想進路と拠点重ね合わせWebアプリ

ニュース

台風19号予想進路と拠点重ね合わせWebアプリ

 

台風19号の接近が報じられており、暴風雨による被害を心配されている方も多いのではないでしょうか。

この度、台風19号の予想進路と拠点の位置を地図上に重ねて可視化するWebアプリを無償で公開しました。アプリを立上げ、住所情報を含んだCSVファイルをドラッグ&ドロップするだけで、予想進路と拠点の位置関係が可視化されます。

同様に、自社拠点の住所情報をCSV形式で作成し、ドラッグ&ドロップすると、自社拠点を地図上で可視化できます。

BCP(事業継続計画)の観点から、例えば店舗や工場を多く構えている企業が、各拠点と予想進路の位置関係を視覚的に把握できることで、影響を受けそうな拠点に暴風雨対策の指示を出す、万が一被災した際の対応策を練っておく等、被害を少しでも減らすための対策に活用できます。

 

操作方法


本動画の内容は、10月8日時点の予想進路であり、実際の進路を示すものではありません

 

  1. 台風進路予想Webアプリを立ち上げます
  2. 住所情報を含むCSVファイル(サンプルデータはこちら)をCSVデータ追加欄にドラッグ&ドロップします
  3. 予想進路と拠点の位置関係が可視化されます

 

解説

本マップは、Web AppBuilder for ArcGISを利用して作成しています。

 

NOAA(アメリカ海洋大気庁)が公開しているデータを利用しているため、UTC(協定世界時)で表示されています。表示時刻を 9 時間進めた時刻が日本標準時ですので、ご了承ください。

掲載種別

関連製品

掲載日

  • 2019年10月8日

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る