ニュース > 新型コロナウイルス感染状況ダッシュボード

ニュース

新型コロナウイルス感染状況ダッシュボード

 

2020 年 2 月 20 日追記

中国国内版のマップが更新されましたので再度お知らせします。
更新版では Operations Dashboard for ArcGIS を利用したものに変更され、最近のニュース記事も表示されています。


(上の画像をクリックするとアプリが開きます)

新型コロナウイルス感染状況ダッシュボード

 


2020 年 2 月 5 日付

新型コロナウイルス(COVID-19)による肺炎の大規模な流行を受け、Esri China 社(中国 北京)は中国疾病管理予防センター(Chinese Center for Disease Control and Prevention、中国 CDC)と協働し、疾病管理予防サービスチームを立ち上げました。一般市民に流行状況を分かり易く伝えるため、同チームは中国国内での新型コロナウイルスの感染状況を可視化するダッシュボードアプリを開発し、中国 CDC 公式サイトのトップページ上で公開しています。

本アプリは ArcGIS API for JavaScript を利用して作成されました。データソースは中国国家衛生健康委員会および中国各地の保健当局が発表するデータを利用しています。
世界的なマップとしては ArcGIS ブログでご紹介したジョンズ・ホプキンズ大学(米国)作成のアプリを多くの方にご覧いただきましたが、こちらは中国国内の状況をより詳細に可視化したものです。


(上の画像をクリックするとアプリが開きます)

地図は 3 パターンで表示でき、中国国内で(1)感染が確認された人数の累計値、(2)前日の
0 時から 24 時(中国標準時)の 1 日で新たに感染が確認された人数、(3)累計の死者数によって、省別に色分けされています。また、任意の省をクリックすると詳細の数値を確認でき、下の
グラフも連動します。


アプリの左側には 0 時から 24 時(中国標準時)の 1 日での増加数、右側には累計値、下側に日付毎の増加数と累計値が表示されています。

1 日での増加数

・新たな感染者数、感染の疑いのある人数、死者数(左上)
・省別・カテゴリ毎の人数(左下、カテゴリ毎に降順で並び替え可能)

累計値

・感染者数、感染の疑いのある人数、死者数(右上)
・省別・カテゴリ毎の人数(右下)

感染の疑いのある人


湖北省に隣接する河南省では、現時点で感染の疑いのある人が他の省に比べて多いことがわかります。

 


各グラフに表示する項目は凡例をクリックして切り替えることができます。

 

関連リンク

掲載種別

掲載日

  • 2020年2月5日

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る