製品 > ArcGIS Solutions > テンプレート > 新型コロナウイルス対応 > 自宅療養者の健康状態収集アプリ

ArcGIS Solutions

自宅療養者の健康状態収集アプリ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応ソリューション

自宅療養者の健康状態収集アプリ


新型コロナウイルスの陽性判定を受けホテルや自宅等で療養している軽症者が、スマートフォン等のモバイル端末を使って日々の健康状態を連絡するアプリを提供します。行政の保健局等の関係者は、入力された患者の最新情報や地理的な拡がりを随時ダッシュボード アプリで確認できます。

 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応ソリューション

本ソリューションによって、増加し続ける患者の健康状態の収集と関係者への共有の仕組みを簡易に構築できるとともに、収集した情報に基づく行政の次のアクション(病床数確保、PCR 検査所の最適配置など)への活用が期待できます。

 

概要


収集

収集

自宅療養者・自宅待機者がスマートフォンのアプリ(ArcGIS Survey123)を使って日々の健康状態を入力します。
GPS 等は使用せず匿名性を確保して報告することも可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

集計・可視化

集計・可視化

アプリで入力された健康情報と地理的な拡がりをダッシュボードで確認することができます。ダッシュボードでは、患者別の日々の健康情報の推移、地域ごとの患者数や性別・年代などの構成などをマップと共に閲覧することができます。

 

 

 

 

共有

共 有

収集した情報は、関係機関や一般向けにアクセス権を区別して共有することができます。患者の個々の健康情報等の機微情報は関係機関に限定的に共有し、公開可能な情報のみを選別して市民向けに公開するといった運用が可能です。

 

導入要件


本ソリューションを導入するためには以下の製品が必要です。

・ArcGIS Desktop Basic
・ArcGIS Online 指定ユーザー(必要数)
・ESRIジャパン データコンテンツ スターターパック

※上記の製品は「新型コロナウイルス対応支援パッケージ」でご利用いただくことも可能です。

 

アプリの利用イメージ


※ムービーで紹介しているデータは、ESRIジャパンが作成した架空のデータです。

 

お問い合わせフォーム


自宅療養者の健康状態収集アプリのご導入を希望される方は、以下のフォームに必要事項をご入力ください。

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る