事例 > 安全な都市に向けて道路の隠れた危険箇所を探し出す

事例

安全な都市に向けて道路の隠れた危険箇所を探し出す

Mobileye and Esri

 

この記事は、Mobileye と Esri の取り組みを解説したストーリーマップを元にしています。
ストーリーマップ:Mobileye and Esri(英語)

車載カメラにより前方車両や通行人などを認識する技術を持つ Mobileye と ArcGIS の連携により、街中の通行人にとっての危険箇所が分かるようになります。

歩行者の認知と地図での表示

Mobileye のカメラで認識した歩行者の情報を ArcGIS に取り込み、地図上で可視化している様子を動画でご覧ください。

 

Mobileye のデータを ArcGIS に取り込んだことで、人との衝突の危険性を見つけることができるようになります。
道路上の危険性を見つけるために行った 3 つのステップをご紹介します。
① Mobileye データの見える化
② 衝突の危険性のパターン探求
③ 空間解析

Mobileyeデータの見える化


衝突警告が発生した地図上にポイントを表示


衝突警告の回数を六角形のセル毎に中で集計


集計した情報を道路地図に合わせて表示

衝突の危険性のパターン探求


時間帯別に衝突警告の発生地点をクラスタリング


朝の通勤時間帯は、住宅地の付近(赤色)で多発


午後は衝突警告がビジネス街周辺(オレンジ色)で多発


夜に時間帯(緑色)は、衝突警告が少ないが発生


マンハッタンでは、車両と同じ方向に進んでいる人に衝突警告が発生する傾向となっている


ブルックリンでは、道路を横切ろうとした人に衝突警告が発生する傾向となっている

空間解析


衝突警告が発生している場所を時間帯毎に表示し、事故が発生しそうな地域を特定

関連業種

掲載日

  • 2017年11月22日

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る