事例 > 現地調査アプリ活用による各事業拠点の被災状況を可視化・共有

活用法

現地調査アプリ活用による各事業拠点の被災状況を可視化・共有

 

BCP 策定において、ArcGIS は地図上で様々な災害予測データを重ね合わせ、影響分析や脅威分析を行えます。さらにはそういった地図機能に現地調査アプリを組み合わせることで、災害時に自社拠点の被害状況をリアルタイムで把握し、その後の迅速な対応につながります。

現地調査アプリ(Collector for ArcGIS)

ArcGIS Online のサービスの 1 つである Collector for ArcGIS は屋外での情報収集のための現地調査アプリです。スマートフォンやタブレットですぐに利用が可能です。グラフとマップが連動したダッシュボードアプリケーションと連携し、調査結果を確認することで、営業活動や環境調査など幅広い分野でご活用いただいています。

各拠点から災害状況をアップロード

Collector for ArcGIS を活用し、災害時に各拠点の担当者が被害状況や復旧状況をテキストや画像でアップロードすることで、拠点の位置関係のみならず、被害状況の詳細なども地図上で把握することが可能になります。自社拠点のポイントにカーソルを合わせると、拠点の住所や電話番号などの情報と被害状況や営業の可否などの情報を確認できます。

被災状況を把握し、迅速な復旧作業へ

地図だけではなく以下の図のように被災状況をグラフ等で視覚化し、各拠点の情報を集約する本部の意思決定者がご活用いただけるツールもございます。このようなダッシュボードも ArcGIS では比較的簡単に作成が可能です。

有事に備えたプランニングから有事後の状況確認

ArcGIS の BCP ソリューションでは地図上で従業員や取引先データ、災害リスクデータなどを重ね合わせ、帰宅困難者やビジネスへの想定されるダメージを分析できます。さらには現地調査アプリも組み合わせることで、「位置」と「被害状況」の素早い把握が可能になります。

関連リンク

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2017年12月21日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る