製品 > ArcGIS Spatial Analyst > 活用事例

ArcGIS Spatial Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

地理空間情報モデリングで古代遺跡を復元

奈良大学文学部文化財学科

古市・百舌鳥古墳群におけるGISデータの作成と利用 奈良大学は多くの文化財をもつ古都奈良に位置し、日本ではじめて「文化財学科」を設置した大学である。 考古学研究において数多くの実績をあげており、近年ではGISも積極的に活(詳細はこちら)

野生動物を活かしたエコツーリズムで過疎化に悩む地域を活性化

長岡技術科学大学

野生動物学を通して考える社会・環境問題 過疎化に悩む限界集落。野生動物の保護と地域活性化を両立させる取り組み はじめに 長岡技術科学大学 山本麻希助教は、新潟県における力ワウの個体群管理と被害防除に関する研究、粟島に生息(詳細はこちら)

横浜MAPプロジェクト

横浜国立大学

横浜市をモデルとした都市環境工学にGISを用いる 横浜国立大学では、GISを基盤とした情報ブラットフォームで、統合した分野横断・文理融合による持続可能な住みよい都市デザインの研究に取り組んでいる。 研究室紹介 横浜国立大(詳細はこちら)

フィールドワークを主体としたGIS教育の実践

茨城県立並木高等学校

教師と外部団体の協力体制が生む充実したGIS教育 並木高等学校では、大学・研究機関・民間企業との協働により、GISに対する生徒たちの関心・能力を引き出すことに成功しており、生徒の進路に影響を与えるまでになった。 はじめに(詳細はこちら)

立命館大学 大学院国際先端プログラム

立命館大学

「GISを用いた景観プランニングの枠組み」で、京都の景観保存を前提とした都市計画を策定。 ハーバード大学で培われたGISによる実践的なロールプレイング教育プログラムにより「考えるGISスペシャリスト」を育成する。 立命館(詳細はこちら)

都市化によるヒートアイランド現象の対策にGISを活用

埼玉県環境科学国際センター

埼玉県でのヒートアイランド現象緩和への取り組み 埼玉県における環境科学の中核機関である埼玉県環境科学国際センター。その研究対象であるヒートアイランド現象への対策として、クールアイランドの有効性を中心に議論し、緑地・河川保(詳細はこちら)

希少猛禽類への建設事業影響予想評価システム

国土交通省 国土技術政策総合研究所/日本工営株式会社

自然生態系を守りながら必要なインフラ整備を行うための支援システムとして、ArcGISと連携した希少猛禽類への建設事業影響予測評価システムを開発 同システムの利用により、人間の生活環境だけでなく、猛禽類の生息環境に与える影(詳細はこちら)

ArcGISとExcelで求める景観指数

九州大学

Arc ViewとExcelで、土地利用パターンを定量化 景観パターンを定量化し、地表の生態系緒過程との相互作用を分析するため、1980年代より様々な景観指数が提唱され、そのいくつかについては動植物の分散、撹乱の伝播や植(詳細はこちら)

新潟市の都市自然災害の研究

新潟大学

足を使ったデータ収集・作成をモットーに!新潟市街地の総合危険度を判定 いつ発生するか分からない自然災害に備えて、GISで総合危険度判定結果をビジュアル化!    新潟平野 空中写真を判読してデジタル化した新潟平野地形分類(詳細はこちら)

GISの活用による持続可能な森林経営への取り組み

住友林業

「保続林業」を基本理念に、GISを活用した効率的な森林経営を長年にわたり実践 100年以上にわたり広大な社有林の森林経営を行ってきた住友林業。長年にわたる経験とGISの融合により、新しい森林管理手法の確立を目指す。 持続(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る