製品 > ArcGIS Spatial Analyst > 活用事例

ArcGIS Spatial Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

上水道の管路機能低下を及ぼすエリアまたは路線をGISで可視化

松山市

公共施設(上水道管路網)の大量経年化時代に対応した保全手法(間接診断)の確立 GISを活用した「低評価地区の選出」と「低評価路線の選出」による課題を抱える施設(管路)の可視化   松山市公営企業局 松山市水道イ(詳細はこちら)

地理情報から居住環境と生活習慣病の関係性を紐解く

島根大学

地理情報システムを活用して地域の生活習慣病予防を考える 居住環境が生活習慣病に及ぼす影響を GIS を使ってリスク検討する   イントロダクション 図1:島根大学生活習慣病コホート研究の対象地域 島根大学プロジ(詳細はこちら)

現地調査で得られた管路診断データをGISで解析。良質な水道サービスを提供するために

栗本鐵工所

水道管路施設の大規模更新時代に対する鋳鉄管メーカーの取組み 現地調査等により得られた管路診断データ等を GIS で解析。 栗本鐵工所が提言する管路更新計画の策定とは GX形ダクタイル鋳鉄管   イントロダクショ(詳細はこちら)

GISを活用してカリフォルニア州の経済的バイオマス資源を査定

カリフォルニア州

GISを活用してカリフォルニア州の経済的バイオマス資源を査定   カリフォルニア州バイオマス共同体(California Biomass Collaborative)の調査によると、カリフォルニア州が保有する様々なバイオ(詳細はこちら)

3次元レーザーを用いた森林資源量把握。新たな持続的森林管理

千葉大学

レーザーによって樹木を3次元計測し、毎木調査を自動化することで、森林調査を効率化する これまでの森林測定は正確性の高いデータを取得することが難しかったが、3次元レーザーによる新たな森林計測法を実現。   イント(詳細はこちら)

野生動物の生態調査・保護

今日の日本の国土では野生生物の増加や減少が起き、生物多様性のバランスを危惧する声が挙がっています。GISでは、野生動物の生態調査と保護の分野でも広く使われており、その為のアプローチをご紹介いたします。 GISで野生動物の(詳細はこちら)

事故多発エリアを解析する

GISを利用すると、過去の事故発生状況から、「どのエリアで事故が起きやすくなっているか?」という、事故の発生傾向を導き出すことができます。事故多発エリアがどこか把握できれば、事故防止対策や人員配置のための基礎資料として活(詳細はこちら)

大気中の有害物質飛散量をマッピングする

大気汚染や放射性物質の拡散といった現象は、広い範囲に被害をもたらします。影響範囲の把握には、GISを利用した、測定結果の可視化が有効です。 広域なエリア内では、すべての地点で現象を測定することは、費用面や人材確保の面から(詳細はこちら)

希少動物の保護にGISを活用。分断された生息地同士をコリドーでつなぐプロジェクト

CorridorDesign

アリゾナ州山間部のコリドー作成プロジェクトにGISを活用 道路開発により減少する生息地。分断された生息地同士をつなぐコリドーを作成し、希少動物と人類の共生の道を探る。 イントロダクション アリゾナ州フアラパイ山とピーコッ(詳細はこちら)

北アルプス・雲ノ平における地理空間情報技術を援用した植生復元活動

東京農業大学

国有林野における山小屋・大学・行政の新たな協力体制による展開 植生復元活動を円滑にすすめるため地理空間情報技術を援用することにより、植生復元内容を可視化しかつ定量的に把握することが可能となった はじめに 登山ブームを背景(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る