製品 > ArcGIS Spatial Analyst > 活用事例

ArcGIS Spatial Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

3次元データの解析ツールとArcGISを組み合わせた高度な森林情報の管理

千葉大学

千葉大学 園芸学部 園芸学研究科 助教の加藤氏は、森林分野における3次元データの取得から得られたデータの解析までを行い、森林資源量の正確な把握に取り組んでいる。

発電設備適地選定を効率化するために

発電設備適地選定をするうで、多くの候補地の周辺環境などを出張ベースで現地調査し、絞り込むには時間とコストがかかります。ツールの解析機能で候補地を事前シミュレーションすることで現地調査の時間とコストを削減したり、現地調査結果をWebマップで情報共有することにより、効率的な適地選定を実施することができます。

事故発生地点と交通安全施設の「見える化」で県民を交通事故から守る

千葉県警察本部

千葉県警察本部 交通部 交通規制課は、交通事故を未然に防ぐ取り組みとして、交通事故発生場所を地図上に可視化し、事故の多発地点の割出しや、交通安全施設の設置箇所の検討と導入を行った。

都市部の屋根で再生可能エネルギー

都市部の屋根は「食糧・水・電力」を生み出す資源と成るか

NPO法人 Bay Localize

オクラホマ州を拠点とする NPO法人Bay Localize はサンフランシスコ湾岸地帯の自治体と連携し、レジリエントな地域社会の構築を進めている。多様な知識や政策を持つ地域のリーダーと協力し、天候不順やエネルギーコスト(詳細はこちら)

GISを用いた行政情報の「見える化」

横須賀市議会

市民にとって重要と思われる地域情報や行政情報を、誰もが直感的に理解しやすいよう地図上で可視化・公開し、議会質疑や市民との意見交換の場で役立てている。

GISを活用した木質バイオマス利用の多角的影響評価

農林水産省 農林水産政策研究所

温室効果ガスを発生させない資源として期待が集まる木質バイオマスの需給バランス、環境への影響、経済面での評価など、GISを活用して分析。

「シームレス地質図」の整備と情報公開の取り組み

産業技術総合研究所

地質情報研究部門の入る 産総研つくば第7事業所 ソフトウェア購入コスト削減と利活用拡大を両立 課題 ソフトウェア購入コスト削減 汎用的なフォーマットでのデータ提供 永続的なサービス提供 導入効果 ソフトウェア購入コストが(詳細はこちら)

地震時の応急対応を支援するための広域版地震被害想定システムの開発

消防研究センター

災害発生直後の「被害情報の空白時間」を補間するために、 地震情報からすばやく被害規模を推定し、関係者に通知するシステムを開発 課題 災害発生直後の「被害情報の空白時間」が発生。適切な初期対応が困難だった 導入効果 オンラ(詳細はこちら)

福島県相馬市を対象とした土地利用デザインの提案

立命館大学

震災復興への“Geodesign”フレームワークの適用 GISを使った教育プログラムとしても最適な、“Geodesign”フレームワークに基づいたワークショップを開催 課題 震災復興まちづくりへの具体的な土地利用デザイン(詳細はこちら)

農業・地域振興を目指して。GIS や多変量解析を空間情報学科の生徒が援用

新潟県立新発田南高等学校

農業・地域振興への GIS や多変量解析の援用を生徒が実践。 自ら学会で全国に情報発信も。 GIS の研究が普及することにより空間情報科学の確立へも寄与できる   概要 図1:関川村の位置 日本の農業の衰退が指(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る