製品 > ArcGIS Spatial Analyst > 活用事例

ArcGIS Spatial Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

タイ洞窟遭難事故 少年たちの救出に向けた 最善策の立案に GIS が貢献

タイ鉱業資源省 / Esri Thailand社

洞窟への水の流入箇所の特定、洞窟内部の構造、水位、酸素濃度、気象状況など、あらゆるデータを GIS で可視化し、救出の最善策を立案 課題 地上の水が地下に流入している場所の特定と排水方法の検討 洞窟内部の実際の通路の大き(詳細はこちら)

超高精度な数値表層モデルと気象情報を加味した太陽光発電システム日射量解析手法

九州工業大学

日射量解析システムで太陽光発電パネルの出力に影響を与える「部分影」を解析 課題 太陽光発電パネルにかかる部分影が起こす出力低下 天候変動による太陽光発電システム出力低下 導入効果 数値表層モデル(DSM)があれば任意の日(詳細はこちら)

小水力発電における適地選定シミュレーション

ポテンシャルエリアの絞り込み 地形・河川・気象・自然災害・保護委区域など各種データを使用して、GIS でポテンシャルエリアの絞り込みをすることができます。事前に絞り込みすることにより対象エリアや河川の比較検討、または現地(詳細はこちら)

バイオマス発電の適地選定シミュレーション

適地選定の効率化 適地選定をするうえで、多くの候補地の周辺環境を現地調査し、絞り込むには時間とコストがかかります。データとツールの解析機能で候補地を事前シミュレーションすることで現地調査の時間と出張コストを削減することが(詳細はこちら)

風力発電の適地選定シミュレーション

適地選定の効率化 適地選定をするうえで、多くの候補地の周辺環境を現地調査し、絞り込むには時間とコストがかかります。データとツールの解析機能で候補地を事前シミュレーションすることで現地調査の時間と出張コストを削減することが(詳細はこちら)

蚊の生息密度マップで感染症被害を防ぐ

熊本大学

感染症を媒介する蚊の生息密度の研究に取り組んでいる熊本大学は、蚊の現地調査データの解析に ArcGIS Desktop と ArcGIS Spatial Analyst を使用し、生息密度を可視化することで病原菌対策につながる研究を行っている。

環境と調和した地域・都市づくり支援のためのマップ作り

広島大学

地域都市計画・都市環境を専門としている広島大学 田中教授の研究室では、都市の高温化現象、地方都市のコンパクトシティ計画、中山間地域における地域資源情報の共有化、といった研究課題に取り組んでおり、 ArcGIS を使用することで環境と調和した地域・都市づくり支援のためのマップを作成することができた。

高齢者の買い物難民を特定

わが国では少子高齢化による人口減少や、都心部への人口集中により、地方の商店街や小売店が閉鎖していることが地域課題となっています。 ArcGIS Desktop の解析機能を使用して、商店街や小売店が閉鎖することでスーパー(詳細はこちら)

太陽光発電施設の適地選定

自然エネルギーを活用するために太陽光発電システムの施設の設置に適切な場所を検討する必要がある場合、ArcGIS Desktop の専用解析ツールを使用すれば、適地選定シミュレーションを机上で実施することができます。事前に(詳細はこちら)

暑熱環境モニタリングによるヒートアイランド現象の可視化

東京都環境科学研究所

東京都の環境施策の推進に関連する研究を行う東京都環境科学研究所は、熱中症を引き起こす環境要因について調査し、ヒートアイランド現象の現状と課題を明らかにした。また、東京オリンピックに向けた観客の熱中症対策として「東京オリンピックマラソンコース日陰マップ」を作成した。

1 2 3 4 9

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る