製品 > ArcGIS Spatial Analyst > 製品詳細

ArcGIS Spatial Analyst

製品詳細

feature1

画像分類

対話的な操作により実行可能な画像分類機能

ArcGIS Spatial Analyst では、画像分類で使用するトレーニング サンプルおよびシグネチャ ファイルを作成するためのツールを提供しています。左図では衛星画像(マップ画面左)から画像分類処理を実行し、人口造成地、森林、農地、水域を表す土地利用図(マップ画面右)を作成しています。


feature3

密度解析

密度マップの作成

この機能は新規店舗の最適立地選択問題等の解析に利用できます。 例えば、ある都市内に多数の既存店舗を所有している会社が「新たな市場成長を模索したい」という場合、密度解析によって既存顧客と潜在顧客の分布の把握でき、最終的に顧客の分布傾向に基づいた新店舗の最適立地場所の特定が可能になります。右図は、熊の目撃情報地点をもとに密度解析を行い、ホットスポットを可視化することで、今後の登山者の安全対策や、熊の生態調査などに役立てる例です。


feature1

日射量解析

標高サーフェスから日射量を算出

標高サーフェス(DEM)上のポイントまたはエリア内の日射量を算出します。時期や期間を設定したり、 全天可視領域・太陽軌道図・全天分割図のグラフィック ラスタを作成して、算出結果を診断できます。日射量解析ツールは、植物生物学、太陽光発電施設の設置場所の検討、農地の適地選定、住宅地や産業地域での将来の太陽光発電システム計画など分野に活用することができます。


feature1

水文解析

水文学的情報の抽出

ArcGIS Spatial Analyst は、新たな情報を抽出することに特化したツールを提供します。水文解析ツールセットは、水文および地形データから標高サーフェス上流向や流長の算出、河川次数の割り当てのためのツールなど、対象地域内の水文学な特性を表現するため機能を提供します。これらの種類の抽出されたデータは、主に地形データとともに水文モデルの構築のための入力値として利用されます。右の地図では、標高データから算出した集水域および河道を示しています。


feature1

内挿補間

サーフェス データの作成

通常、対象領域内を網羅的にデータ収集するのは経済的に実現不可能であったり、物理的に不可能であったりします。 従って、正確な連続サーフェス作成がこれらの場所のデータ値の予測に不可欠になります。 ArcGIS Spatial Analyst は、データが欠落している領域に対してデータ値を作成する空間内挿ツールが提供します。左図は関東の各気象観測所(点のデータ)で観測した降水量のデータから、補間処理を行い、面的な降水量のデータを表しています。


サーフェス解析

標高データから必要な情報を解析・可視化

ArcGIS Spatial Analyst を利用することで、陰影起伏、等高線、傾斜角、傾斜方向などの有益な情報を導き出すことができます。 これらの地形サーフェスにより、様々なデータと実世界の標高データとを効果的に関連付け、それらのデータが地形からどのような影響を受けているのかを分析することが可能になります。 これらのデータと地形マップとの組合わせにより、対象エリアをよりリアルに表現でき、例えば新設する学校や道路の立地のような問題の精度よい分析が可能になります。

feature1
Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る