製品 > ArcGIS Geostatistical Analyst

ArcGIS Geostatistical Analyst

空間統計学に基づいた強力な空間データの補間

ArcGIS Geostatistical Analyst は、空間統計学(Geostatistics)に基づき、強力な空間データの補間機能を提供するエクステンション製品です。離散的な測定ポイントを基に未測定の位置の値を推定することができ、空間推定(補間)によるサーフェス(面データ)作成において、非常に高い能力を発揮します。ArcGIS Geostatistical Analyst では、さまざまな空間データ分析ツール・補間手法をサポートしており、空間統計学に基づいたより良いサーフェスを推定することができます。


feature3

サーフェス作成

ArcGIS Geostatistical Analyst では、以下の補間手法に対応しており、パラメーター値の決定に役立つ解析ツール群が一連のウィザードで提供されます。

  • IDW(Inverse Distance Weighted)
  • RBF(Radial Basis Functions)
  • Global / Local Polynomials
  • Kriging / CoKriging
  • EBK(Empirical Bayesian Kriging)

feature1

空間データ分析

データ分析機能を使用して、データの分布、広域/局地的に見られる異常値、広域的な傾向、空間的自己相関性、複数のデータセット間の共分散といったデータの重要な側面を調査でき、データが空間統計学に基づく補間法に適しているかどうかを判断することができます。


feature3

空間モデルの診断

解析モデルのパラメーターを選択した後、元データを使ってその解析モデルが最適であるかどうかを見分けることが重要です。ArcGIS Geostatistical Analyst はサーフェスを評価/相互評価する機能を提供します。解析モデルとそのパラメーターを適用するか、または、より良いサーフェスを作成するために解析モデルのパラメーターを再設定することが可能です。評価/相互評価することにより、どの解析モデルが最善の結果であるかを論理的に判断できます。算出される統計値は解析モデルや関連するパラメーター値が妥当であるかどうかを示す診断材料となります。

ArcGIS Desktop エクステンション トライアル

お申し込みはこちら→

 
Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る