製品 > ジオデータベース > 相互運用性

ジオデータベース

相互運用性

ジオデータベース XML

  • ジオデータベース スキーマのエクスポートとインポート
  • テーブル状のデータは、ArcGIS Business Logic によって XML として解釈される
  • ジオデータベース XML は、ジオデータベースと他の外部システム間で情報交換するための、Esri のオープン メカニズムである

ジオデータベースは、地理情報のための総称モデルを定義し、ファイル システムのファイルの収集、または DBMS のテーブル収集として実装されます。この総称モデルの利点とは、ジオデータベースとそのコンテンツは多目的に使用でき、共有可能であり、標準ベースであることです。

Esri のジオデータベース スキーマとコンテンツは XML 仕様として完全に公開および管理されており、ユーザーが異種システム間でデータ更新を共有する方法を示すサンプル実装が提供されています。

ジオデータベース XML 仕様を使用すれば、XML によるジオデータベースでの地理空間情報の交換をとても簡単に行うことができます。外部アプリケーションでは、次の XML データ ストリームを受けることができます。

  • 完全な可逆データセットの交換
  • シンプル フィーチャ セットのやり取り (シェープファイルのやり取りと同様)
  • 変更部分のみの (デルタ) レコードの交換 (XML ストリームを使用したジオデータベースおよびその他の外部データ構造間での更新内容の受け渡し)
  • ArcGIS ユーザー間での完全な、または部分的なジオデータベース スキーマの交換と共有

詳しい情報は以下の XML ホワイトペーパーを参照してください。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る