ArcGIS には、画像処理と解析のツールが豊富に含まれており、画像中のパターンを見出し、ピクセル データとして格納された情報の分析を支援します。


フィーチャ抽出

高解像度マルチスペクトル画像から GIS データを自動作成

不透水面の特定

  1. 高解像度画像からはじめます。
  2. セグメンテーションと分類アルゴリズムを実行します。
  3. 不透水面の抽出と面積の計測ができます。

ArcGIS Spatial AnalystFEATURE ANALYST


適地選定

さまざまな条件から最適なエリアを特定

コヨーテの生息に適したエリアはどこ?

  1. まず土地被覆レイヤーを用意します。
  2. 次に地形を解析します。
  3. そして流域を特定します。
  4. 川にアクセスできるエリアを見つけます。
  5. 最終結果。
  6. 濃い緑のエリアがコヨーテの生息域です。

ArcGIS Spatial Analyst


サイエンスデータのサポート

観測データやシミュレーション結果の多次元データを高度利用

海流の動きを可視化

科学者は、可視化テクニックを使って、海流がどのようにぶつかり混ざり合うかを視覚化し、調査しています。

ArcGIS for Desktop


ドローンからの情報抽出

  • デジタルカメラを搭載したドローンや UAV により撮影された画像から、オルソ画像や DSM、3D 点群データといった 2D または 3D の GIS データを生成できます。
  • 大規模災害の被災地の写真をドローンで撮影し、迅速にオルソ画像や 3D データを作成し、Web でその結果を共有するといった使い方が考えられます。

Drone2Map for ArcGIS

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る