製品 > ArcGIS API for JavaScript > FAQ

ArcGIS API for JavaScript

FAQ

表示/非表示

全般

ArcGIS for Developers とはどのようなサービスですか?

ArcGIS を使ったアプリ、システム開発に必要なリソース(開発キット、サービス/コンテンツ、ソフトウェア)と開発から運用までをカバーする開発者向けクラウド サービスを利用することができる地図アプリケーション開発者に特化したサービスです。詳細は ArcGIS for Developers をご参照ください。

ArcGIS 組織アカウントとは何ですか?

ArcGIS Online 組織向けプランまたは ArcGIS Online(ArcGIS Desktop ユーザー向け)をご契約いただいた方が取得できるアカウントです。

ArcGIS 組織アカウントを使用して、ArcGIS Online で組織内のデータやコンテンツを共有することができます。また、ArcGIS Online には Microsoft Office でデータを作成したりスマートフォンでフィールド調査を行うことができる複数のアプリケーションが付属しており、ArcGIS 組織アカウントをお持ちであればこれらのアプリケーションをすべて利用することができます。

他の ArcGIS 製品は必要ですか?

お客様が所有する GIS データを参照/編集するためには、ArcGIS Enterprise、ArcGIS Online のホストサービスを使用して GIS データを Web サービスとして公開する必要があります。

アプリケーション認証はどのようなアプリケーションで使用することができますか?

開発者が第三者に対して公開する無償あるいは有償のアプリケーションに、開発者が契約した ArcGIS Online のクレジットを消費するサービス(データ ホスティング サービス、ジオコーディング サービス、交通ネットワーク解析サービスなど)へのアクセスを許可したい場合にアプリケーション認証を使用することができます。

アプリケーション認証を使用してサービスにアクセスしたアプリケーションが ArcGIS Online のクレジットを消費した場合、アプリケーション認証に使用したアプリケーション ID と秘密キーを発行している開発者のアカウントからサービス クレジットが消費されます。

組織内で利用するアプリケーションが、アプリケーション認証を使用して ArcGIS Online/Portal for ArcGIS の組織サイトのセキュアなサービスにアクセスすることはできますか?

いいえ。組織内で利用するアプリケーションがアプリケーション認証を使用して ArcGIS Online/Portal for ArcGIS の組織サイトのセキュアなサービスにアクセスすることはできません。組織サイトのセキュアなサービスにアクセスする場合は、指定ユーザー ログインを使用する必要があります。

指定ユーザー ログインとはなんですか?

指定ユーザー ログインとは、ArcGIS Online もしくは Portal for ArcGIS の指定ユーザーアカウントのユーザー名とパスワードを使用して ArcGIS Online/Portal for ArcGIS の組織サイトにログインする方法です。

アプリケーション認証とはなんですか?

アプリケーション認証とは、開発するアプリケーションを ArcGIS Online に登録すると発行されるアプリケーション ID と秘密キーの組み合わせを使用して、ArcGIS Online のクレジットを消費する機能を使用するための認証方法です。

GIS データは編集できますか?

はい。編集を行うには、編集する GIS データを Web サービスとして公開する必要があります。Web サービスは、ArcGIS Enterprise ではフィーチャ サービス、ArcGIS Online ではホスト フィーチャ レイヤーとして公開します。

ArcGIS API for JavaScript はイントラネット環境でも使用することは可能ですか?

はい。イントラネット内で ArcGIS の Web サービスを利用できる環境であれば使用することができます。また、API のライブラリをダウンロードして独自にホストすることができます。

ArcGIS API for JavaScript では UI のコンポーネントは提供されていますか?

はい、ウィジェット(esri/widgets)と呼ばれる UI コンポーネントが提供されています。属性テーブルやデータ編集、住所検索フォームなどの GIS 機能を利用するためのウィジェットが標準で利用可能です。

開発コストを抑えることはできますか?

ArcGIS for Developers の開発リソースを使うことで、開発に必要な環境は最低限で済みます。
また、Web アプリケーションの開発であれば、ArcGIS API for JavaScript ベースの Web アプリケーションを GUI 操作のみで作成できる Web AppBuilder for ArcGIS (Developer Edition) をご検討ください。ArcGIS API for JavaScript による機能拡張が可能なため、最小限のコーディングで要件に沿ったアプリケーションを構築できます。

バージョン 3.x とバージョン 4.x の違いは何ですか?

バージョン 4.x では API の仕様が変更され、3D 地図など多く新機能が追加されました。しかし、4.x に 3.x の全ての機能が含まれているわけではありません。詳細は「3.x と 4.x の機能比較表(英語)」をご参照ください。

ライセンス

無償で利用できますか?

ArcGIS for Developers のサブスクリプションをお持ちであれば、開発・テスト目的であれば無償でご利用いただけます。詳細は ArcGIS for Developers をご参照ください。

サポート

Internet Explorer 11 のサポートについて

ArcGIS API for JavaScript 4.x では Internet Explorer 11(以下、IE11)の使用を推奨していません。API は IE11 で動作しますが、以下に記載してある制限事項があります。

・IE11 は WebAssembly をサポートしていないため、クライアントサイドの地図の投影エンジンを使用できません。また、WGS84 または Web メルカトル以外の空間参照が使用されている場合、クライアントサイドの自動投影変換を行う全て機能に影響します。たとえば、CSVLayerGeoJSONLayer、およびクライアントサイドの FeatureLayer を使用して、グラフィックス/レイヤーの追加、距離・面積計測、空間範囲を指定したクライアントサイド クエリなどを実行する場合がそれにあたります。

・IE11 は SVG をサポートしていません。そのため、IconSymbol3DLayerSimpleMarkerSymbolPictureMarkerSymbol クラスを使用して SVG パスや SVG シンボルを表示することができません。

・IE11 の WebGL の実装は、メモリを大きく消費するアプリケーション向けに最適化されておらず、特定の 3D シーンの表示や、大規模なデータセットをレンダリングする際に正常に機能しない場合があります。

また、Microsoft Corporation も、IE11 の代わりに Microsoft Edge を使用することを推奨しているため、ArcGIS API for JavaScript を使用する場合も IE11 以外のブラウザの使用を推奨しています。

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る