製品 > ArcGIS 3D Analyst > 活用事例

ArcGIS 3D Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

災害復興調査を通じてGISの理論と応用を身に付けた人材を育成

奈良大学

阪神・淡路大震災の復興調査を通したGIS教育 奈良大学は国内で最も早くにGIS教育を導入した大学のひとつである。大学で学んだ知識を生かし、GISプロフェッショナルとして社会で活躍できる人材の育成に努めている。 阪神・淡路(詳細はこちら)

広島原爆デジタルアトラス

中国書店

広島原爆、事実の記録 散在する情報をGISデータベースで統合化。広島市における原爆被害を、データから客観的に解明する。 広島原爆デジタルアトラス 広島原爆デジタルアトラスは、2001年8月に発刊された研究叢書である。GI(詳細はこちら)

地域住民の安全を守る砂防GISシステム

国土交通省北陸地方整備局

土砂災害の脅威から地域の生活を守るための砂防施設の調査・計画にGISを利活用する 昭和42年に山形県飯豊山地域で発生した羽越災害をきっかけに発足した飯豊山系砂防事務所。周辺の豊かな自然環境をも考慮した砂防施設は、安全・安(詳細はこちら)

情報管理で農山村政策の効率化を目指す!

岐阜県 基盤整備部 農山村政策課

ArcViewを用いた農山村情報管理 日本のほぼ中央に位置する岐阜県は、岐阜県ふるさと地理情報センターを立ち上げるなどGIS分野において先進的な県として知られている。農山村整備局では、農村振興GIS、森林GIS、治山GI(詳細はこちら)

GISによる京都バーチャル時・空間の構築

立命館大学 衣笠キャンパス

新しい4 次元GIS/VR 技術を最大限に活用した、歴史都市京都の町並み景観の復原 世界的な歴史都市京都の景観復原にはいかなる方法が有効であるのか…。時間軸を加えた4次元GISの構築は、GISとVRモデリング(詳細はこちら)

チェルノブイリ原子力発電所事故の影響解析

米国Esri社

目に見えない放射能の影響をGIS、地球統計学で解析し、健康と安全を守る。 1986年の未曾有の大事故でヨーロッパ中に撒き散らされた放射能の影響は、20年近く経った今も消えた訳ではない。事故直後の初動対応から長期的な影響把(詳細はこちら)

1 4 5 6 7

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る