製品 > ArcGIS 3D Analyst > 製品詳細

ArcGIS 3D Analyst

製品詳細

feature1

3D データの作成

他の 3D ソフトウェア等で作成された 3D モデル データのインポートや、2D データから 3D データへの変換等を行うことができます。
また、ジオプロセシング ツールを用いて、データモデルの変換や 3D データの作成を行うことも可能です。


feature3

LIDAR データの活用

航空レーザー測量を用いて取得した LIDAR データを使用して、より詳細な地物の 3D 表現・解析が可能です。 大量の LAS ファイルを利用する場合も、効率的にファイルを管理できる LAS データセットを作成し、管理、編集することができ、LAS ファイルからの地物の抽出や地形データの作成なども可能です。また、サーフェス情報の追加、シェープの内挿や、サーフェスの体積などの 3D Analyst のジオプロセシング ツールなどで LAS データをサーフェスとして解析することにより、データ利用の幅が広がります。


feature1

地層解析

深さの情報を持ったボーリングのポイント データから柱状図を作成したり、3D 空間において内挿補間し、地層データを作成できます。 さらに作成した地層データと 3D フィーチャを空間解析し、体積計算することも可能です。


feature3

日影解析

建物などを建設した時に、周囲にどの程度影の影響があるかを解析できます。解析結果に対し、タイム スライダー機能を使用すれば、時系列アニメーションとして可視化することもできます。
また、屋内の 3D GIS データを使用すれば、屋内における、日影解析を行うことも可能です。


feature1

見通し解析

観測点から目標点までを見通せるかを可視、不可視で判定できます。ある地点からどこまでの範囲を見通せるかを地形や建物などの障害物を考慮しながら判定できる可視領域解析です。
また、任意の観測点から地形の可視、不可視を判定する、可視領域解析も行えます。


feature3

サーフェス作成・解析※

サンプルポイントから内挿補間を行って、サーフェスデータを作成することができます。
地形(DEM)などのサーフェス データから傾斜角、傾斜方向を計算したり等高線、陰影起伏などを作成できます。

※Spatial Analyst エクステンションと共通機能


Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る