製品 > ArcGIS Geostatistical Analyst > 活用事例

ArcGIS Geostatistical Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

3次元レーザーを用いた森林資源量把握。新たな持続的森林管理

千葉大学

レーザーによって樹木を3次元計測し、毎木調査を自動化することで、森林調査を効率化する これまでの森林測定は正確性の高いデータを取得することが難しかったが、3次元レーザーによる新たな森林計測法を実現。   イント(詳細はこちら)

大気中の有害物質飛散量をマッピングする

大気汚染や放射性物質の拡散といった現象は、広い範囲に被害をもたらします。影響範囲の把握には、GISを利用した、測定結果の可視化が有効です。 広域なエリア内では、すべての地点で現象を測定することは、費用面や人材確保の面から(詳細はこちら)

保健医療分野におけるGISを活用した震災対応

国立保健医療科学院

医療機関の状況把握及び放射線量拡散による健康への影響とリスク評価に役立てるためのGISとは何か 被災者が復旧・復興を目指し、新たな道を歩むには、心身の健康を回復することが緊要となる。医療機関の状況をマッピングすることによ(詳細はこちら)

放射線を含む環境モニタリングと空間解析

慶應義塾大学

放射線の空間線量率を調査しGISを用いて線量の空間分布を可視化し解析する 空間放射線量率の固定点測定・移動測定データをGISで可視化・共有化するとともに空間統計学手法を用いて空間内挿し測定点以外の地点の空間線量率を予測。(詳細はこちら)

医療分野におけるGISの可能性

新潟大学

DPC導入により効率向上への取組みが進む医療業界。その研究の舞台裏でGISが稼働中! DPC導入、逆紹介状況解析、二次/三次医療解析。医療業界の様々なシーンでGISの可能性を探る。    大学病院へのDPC導入 2003(詳細はこちら)

チェルノブイリ原子力発電所事故の影響解析

米国Esri社

目に見えない放射能の影響をGIS、地球統計学で解析し、健康と安全を守る。 1986年の未曾有の大事故でヨーロッパ中に撒き散らされた放射能の影響は、20年近く経った今も消えた訳ではない。事故直後の初動対応から長期的な影響把(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る