製品 > ENVI > オプション > SARscape > SARscape FAQ

ENVI

SARscape FAQ

表示/非表示

SAR データを使って ○ ○ したいけどどんなライセンスが必要?

 

SAR 画像を使って DEM の変動を抽出したい

Basic + InSAR License(コア機能) を用いて、2 時期の SAR 画像の読み込み、インターフェログラム処理や位相差分画像を作成し 2 時期の変動が確認できます。

 

数ミリ単位の変動を抽出したい

 

広域 SAR データ(ScanSAR) を用いてインターフェロメトリ処理がしたい

ScanSAR 画像を用いる場合は、コア機能に ScanSAR Interferometriy Module が必要となります。

 

PS法という手法を使って解析がしたい

Interferometry(InSAR) Stacking Module では、PS 法および SBAS 法を用いた解析が行えます。

 

Basic License だけで RAW データから処理できますか

RAWデータから処理する場合は、Focusing Module が必要です。

Basic License だけでは RAW データのインポートも行えません。

 

まずは、無償の SAR 画像を使用して干渉処理を行ってみたい

SARscape では、Sentinel データをダウンロードすることが可能となっており、ダウンロードしたデータをコア機能を用いて処理することが可能です。

 

SARscape のライセンスについて

 

Gamma & Gaussian Filter Module はどんな時に必要ですか

特に強いノイズが含まれていた SAR 画像に対して、レーダー反射率やテクスチャ特性、空間分解能を維持させながらスペックルノイズを減少させることができます。

 

ArcGIS における利用

 

ArcGIS Desktop 上でも使用できますか?

はい、ENVI Py for ArcGIS Pro / ArcMap をインストールしていただくと、ENVI SARscape タスクを使用することが可能です。また、ENVI Modeler で作成したモデルを ArcGIS Pro / ArcMap にエクスポートして利用することもできます。

※ArcGIS でご利用いただける ENVI タスクは、ご購入時のライセンスに準じます。

 

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る