製品 > ArcGIS Online > 利用プラン > 組織向けプラン

ArcGIS Online

組織向けプラン

ArcGIS Online には、ViewerEditorField WorkerCreatorGIS ProfessionalInsights Analyst の 6 種類のユーザー タイプのライセンス体系があります。各ユーザー タイプで利用可能な機能やアプリについては、以下の表をご覧ください。

Viewer Editor Field Woker Creator GIS Professional Insights Analyst

機能

組織内に共有されたマップやアプリの参照
データ編集
マップやアプリの作成
解析の実行
組織サイトの管理

含まれるアプリ

基本アプリ群
現地調査アプリ群
オフィス用アプリ群
ArcGIS Pro オプション オプション
ArcGIS Insights オプション オプション
ArcGIS Business Analyst Web and Mobile Apps オプション オプション オプション
ArcGIS Drone2Map オプション オプション

含まれるクレジット

クレジット数 0 250 250 500 500 1,000
Viewer Editor Field Woker Creator GIS Professional Insights Analyst

※ 組織には、 Creator または GIS Professinal のユーザー タイプが最低 1 ユーザー必要です。

 

  • Viewer :
    組織内で共有されたマップやアプリの閲覧が可能です。作業の進捗をダッシュボードで監視できる
    ため、 CEO や経営幹部、マーケティング担当者などに適したユーザー タイプです。
  • Editor :
    データ編集を行うことができ、マップや Web アプリ上でデータ編集作業が行えます。営業担当や調査員が Web AppBuilder やマップ ビューアー上でデータを更新する場合などに適したユーザー タイプです。
  • Field Worker :
    データ編集機能に加えて、 Survey123、 Collector、 Workforce といったスマートフォンやタブレットにインストールして使う現地調査アプリを利用できます。現地でオフライン作業を行う場合や高精度のデータ入力が求められる業務に適したユーザー タイプです。
  • Creator :
    マップやアプリを作成の他、Viewer、Editor、Field Worker が利用するためのマップ、アプリ、調査票、プロジェクトなどを作成して共有することができます。またデータを分析し傾向を探ることができます。現地調査の管理者、指令係、 GIS 担当者、データ サイエンティスト、アナリスト、研究者などに適したユーザーです。
  • GIS Professional :
    Creator と同等の機能に加えて、 ArcGIS Pro というデスクトップ GIS アプリを利用できます。GIS データの構築や分析を行う GIS マネージャー、データ サイエンティスト、アナリストなどに適したユーザー タイプです。 
  • Insights Analyst
    ArcGIS Insights のみを利用できます。ただし、同じ組織内に Creator 以上のユーザーが最低 1 ユーザー必要です。

※ 詳しいユーザー タイプ別の機能比較については ユーザー タイプ別機能表 をご覧ください。

 

アプリ バンドル

各ユーザー タイプが利用できるアプリは、いくつかのアプリを組み合わせたアプリ バンドルとして提供されています。

Essential Apps Bundle

すべてのユーザー タイプに含まれます。

Field Apps Bundle

Field Worker、Creator、GIS Professional ユーザー タイプに含まれます。

Office Apps Bundle

Creator、GIS Professional ユーザー タイプに含まれます。

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る