製品 > ArcGIS API for Python

ArcGIS API for Python

Web GIS 開発用 API

ArcGIS API for Python は、Web GIS (ArcGIS Online / ArcGIS Enterprise) を活用してマップと地理空間データを扱うための Python ベースの API です。 GIS データの可視化や解析の実行だけでなく、ユーザー、グループ、アイテムなどを管理するためのシンプルで使いやすいツールを提供します。 さらに、自身が所有しているデータだけでなく、Esri 等が提供するすぐに使えるマップやデータにアクセスすることも可能です。 また、PandasJupyter Notebook といった、他の Python 向けのライブラリやツールとの連携で、より豊富な機能を活用できます。

 

自動化による Web GIS 管理

Web GIS で 行う操作をスクリプトから実行できます。まとまったアカウントに対する操作やアクセスレポートなどの操作簡略化など、日時業務やルーチンタスクを定期的に実行するスクリプトを作成することが可能です。自動的に作業を行うことでより効率的な Web GIS の活用を期待できます。


大量 GIS コンテンツを一括作成

複数のファイルにまたがるデータや画像データ、公開されている GIS データを Web GIS のアイテムとして一括作成が可能です。既存データの一括更新もスクリプトから実行できます。


GIS とデータサイエンスの融合

Web GIS の解析を利用すること、汎用的な Python ライブラリと連携することも可能です。幅広い分野でのデータ解析における GIS データの活用がさらに容易になりました。


Python によるシンプルな Web GIS 開発

世界中で親しまれている言語で、シンプルなコーディングで効果的なツールを作成できる API を提供しています。サポートしている開発環境である Jupyter Notebook 、Jupyter Lab では、もっとも簡単に API をお試しいただけると同時に米国Esri が配信する背景地図や GIS データを対話的に操作できます。

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る