製品 > ArcGIS API for Python

ArcGIS API for Python

空間解析、マッピング、GIS のための強力な API

ArcGIS API for Python は、Web GIS (ArcGIS Online / ArcGIS Enterprise) を活用してマップと地理空間データを扱うための Python ベースの API です。 GIS データの可視化や解析の実行だけでなく、ユーザー、グループ、アイテムなどを管理するためのシンプルで使いやすいツールを提供します。 さらに、自身が所有しているデータだけでなく、Esri 等が提供するすぐに使えるマップやデータにアクセスすることも可能です。 また、PandasJupyter Notebook といった、他の Python 向けのライブラリやツールとの連携で、より豊富な機能を活用できます。

 

Web GIS の管理

ポータルの管理など、Web GIS で行う操作をスクリプトから実行できます。例えば、ユーザーやグループの作成・削除や、ポータル内のコンテンツの所有者の変更、組織内のユーザーやロールのレポートの作成などが可能です。これらのタスクを実行するスクリプトを作成し、タスクスケジューラ等で定期的に実行させることでルーティン タスクを自動化し、効率的な Web GIS の活用を実現できます。


コンテンツ作成

スクリプトから Web GIS のアイテムを作成し、サービスとして公開することが可能です。既存データの更新や複製もスクリプトから実行できるため、ピークを避けた時間帯にデータを一括更新することや、開発環境で作成した GIS コンテンツを本番環境へ移行させることが可能です。


GIS とデータサイエンス

Web GIS 上の解析サービスの実行ができる他、Pandas、NumPy 等の Python ライブラリ及びPyTorch、TensorFlow、CNTK などのディープラーニング フレームワークとの連携により、高度なデータ解析機能を提供します。また、Jupyter Notebook 環境で対話的にチャートやマップを作成し、ノートブック形式で共有することが可能です。


Python ベースの GIS API

ArcGIS API for Python は Python のベスト プラクティスを基にデザインされ、標準的なデータ構造や読みやすいイディオムを用いています。そのため、Python プログラマーにとっては ArcGIS の利用を、ArcGIS ユーザーにとっては様々な GIS タスクの自動化を容易にしています。

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る