製品 > ArcGIS API for Python > 製品詳細

ArcGIS API for Python

製品詳細

多彩な機能

ArcGIS API for Python は Web GIS をスクリプトで管理できる機能のほか、地図や地理空間データを操作することをサポートしています。 ローカル環境にお持ちの GIS データは Web GIS で簡単に共有することができて、Web GIS を介したマッピング、編集、空間解析機能等に利用することができます。
機能の詳細は主な機能よりご確認ください。


ArcGIS Apps と連携

ArcGIS Pro と連携することができます。ArcGIS Pro でのデータ作成と Web GIS でのデータ共有をシームレスなものにすることが期待できます。その他、様々な ArcGIS Apps で使用するデータも作成することができます。



 

豊富な開発リソース

スクリプト作成を支援する API リファレンスや豊富なサンプル コードが ArcGIS for developers サイト(英語)で提供されています。このサイトでは、API のコンセプトや基礎となる操作、Web GIS 活用に合わせたサンプルコードがカテゴライズされています。環境をまだ整えていないという方に向けて、Web 上で公開されているスクリプトを試すサイトも公開されています。ArcGIS 開発者が集まる開発者コミュニティや GitHub で公開されたソースコードなど、開発に役立つ情報を活用することができます。


無償で開発評価

ArcGIS Online または ArcGIS Enterprise のアカウントがあれば、環境を構築してすぐにお使いいただくことができます。ArcGIS Pro をお使いであればその環境はすでにあなたのお手元にセットアップされています。 もちろん製品をお持ちでなくても、ArcGIS for Developers に開発者アカウントを作成すれば、ArcGIS Online で GIS データの作成や解析サービスを無償の範囲*1でご利用いただけます。ArcGIS API for Python は 一般的な Python ライブラリを提供するサイトから入手できます。詳細は ArcGIS for Developers 製品ページをご参照ください。

 

*1 一部の機能は「サービス クレジット」を消費します。無償プランには毎月 50 サービス クレジットが付与されます。

 

 

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る