製品 > ArcGIS API for Python > 製品詳細

ArcGIS API for Python

製品詳細

多彩な機能

ArcGIS API for Python は 上級ユーザーや開発者、Web GIS 管理者、データ サイエンティスト、コンテンツの作成者を対象に設計されており、多くの機能を備えています。ユーザーやグループの作成・削除や、ポータル内のコンテンツの所有者の変更などのポータル管理機能のほか、Web GIS のアイテム作成、既存データの更新や複製、さらに Web GIS 上の解析サービスの実行、他のPython ライブラリやディープラーニング フレームワークとの連携による高度なデータ解析などが可能です。



豊富な開発リソース

API リファレンスやサンプル コードが ArcGIS for developers (英語) で提供されています。このサイトでは、API のコンセプト、ArcGIS API for Python の機能を利用する際のベストプラクティスとなるガイド、そして実際の利用用途に合わせたサンプルコード等が豊富に提供されています。
また、世界中の ArcGIS ユーザーのコミュニティである GeoNet のArcGIS API for Python グループ 内の情報や、GitHub 上で公開しているイベントで使用したソースコードや、開発者向けのブログで紹介したサンプルコードなど、開発に役立つ情報もご利用いただけます。


無償で開発評価

開発リソースは ArcGIS for Developers にて開発者アカウントを作成すれば、無償で*1利用可能です。また ArcGIS for Developers の開発者アカウントがあれば、地図アプリに必要な背景地図や交通ネットワークなどの GIS データを提供するクラウドサービスを利用できるなど、すぐに利用可能な GIS リソースも充実しています。詳細はArcGIS for Developers 製品ページをご参照ください。

環境構築の手順についてはArcGIS for Developer 開発リソース集をご参照ください。

 

*1 一部の機能は「サービス クレジット」を消費します。無償プランには毎月 50 サービス クレジットが付与されます。

 

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る