製品 > ArcGIS 3D Analyst > 活用事例

ArcGIS 3D Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

3次元レーザーを用いた森林資源量把握。新たな持続的森林管理

千葉大学

レーザーによって樹木を3次元計測し、毎木調査を自動化することで、森林調査を効率化する これまでの森林測定は正確性の高いデータを取得することが難しかったが、3次元レーザーによる新たな森林計測法を実現。   イント(詳細はこちら)

データ管理

ボーリング調査データなどの地下構造データの管理、2D/3D可視化、鉱物資源探査に使われるリモートセンシングデータ管理などにGISが使われています。 地下構造データ管理、可視化 リモートセンシングデータ管理 ArcGISで(詳細はこちら)

野生動物の生態調査・保護

今日の日本の国土では野生生物の増加や減少が起き、生物多様性のバランスを危惧する声が挙がっています。GISでは、野生動物の生態調査と保護の分野でも広く使われており、その為のアプローチをご紹介いたします。 GISで野生動物の(詳細はこちら)

植生図の活用

近年、日本の政府機関では情報公開のさらなるステップとして、GISデータの公開が進められています。その情報を利用することにより、時間とコスト の短縮が期待でき、根本的な問題に対して多面的なアプローチが可能となってきています(詳細はこちら)

カーナビの走行データを分析・可視化することで見えたものとは

本田技研工業

フローティングカーデータを活用したGISへの取り組み 大量に集まる自動車の走行データ(フローティングカーデータ)を分析・可視化することで大量のデータに埋もれていた本質を見出す! インターナビとは 本田技研工業 和光ビル (詳細はこちら)

まちづくりへのGISの援用を高校生が実践。自ら学会等で情報発信も

新潟県立新発田南高等学校

高校における空間情報科学の確立 GISの研究やGISが普及することにより高校教育の振興へも寄与できる 概要 新発田市の位置 各地で行政と市民の協働による“まちづくり”の議論が盛んである。しかしながら、“まちづくり”への議(詳細はこちら)

絵図・古地図を活用し地域の変容を解明。GIS 教育と地域貢献活動

徳島大学

貴重な史料を活かして数百年の地域の変容を解明する 徳島大学ではGIS専用ルームを整備してGIS教育に取り組んでいる。地域の貴重な史料を活用することにより、GISによる地域貢献活動も積極的に進めている。 概要 図1 GIS(詳細はこちら)

リモートセンシングとGISを駆使して津波被災地の浸水域と建物被害の把握

東北大学大学院

建物被害地図の作成と復旧・復興に向けての活動 東北地方太平洋沖地震津波災害 2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震による大津波が発生し、12都道県で死者・行方不明者19,867人(死者:15,781人、行方不明者:4(詳細はこちら)

ポーランド湖水地方の自然保護とカーラリー開催による環境への影響をGISで可視化

ラリー・ポーランド

ラリー・ポーランドはクルクリンの森林環境を悪化させるのか? 90年もの歴史を誇るカーラリーが周辺環境に与える影響をGISで可視化。ポーランド湖水地方の自然保護とラリー開催の両立は可能なのか。 イントロダクション 小さな木(詳細はこちら)

帝国データバンクの大規模データを地理情報システムと融合。企業間の取引構造を可視化

帝国データバンク

企業間取引、移転、企業誘致の経済効果など、さまざまな企業活動の実態にどこまで迫れるか? 帝国データバンクの大規模データベースにデータマイニングとGISを融合し、企業間の取引構造を可視化することでサプライチェーンの把握に挑(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る