ニュース > ArcGIS Runtime SDK (Android / iOS / .NET) バージョン 100.8.0 をリリース

ニュース

ArcGIS Runtime SDK (Android / iOS / .NET) バージョン 100.8.0 をリリース

 

ArcGIS Runtime SDK バージョン 100.8.0 の国内サポートを開始しました。
バージョン 100.8.0 では、ラスター レイヤーに対して Identify を実行することで、個々のラスターのピクセル値を取得することができるようになりました。イメージ サービス または、ローカルのラスター ファイルを参照しているラスター レイヤーに対してサポートされています。また、マーカー シンボルでレンダリングされたポイント フィーチャ(2D)の動的レンダリングの対応など、機能の拡張や不具合修正が行われています。

ラスター レイヤー識別によるセル値の取得 (DEM の標高値を取得)
ラスター レイヤー識別によるセル値の取得(DEM の標高値を取得)

 

マーカー シンボルを適用したポイント フィーチャ (2D) のレンダリング
マーカー シンボルを適用したポイント フィーチャ (2D) のレンダリング
(上段:静的レンダリングモード、下段:動的レンダリングモード)

 

新機能の詳細に関しては、各 SDK の新機能ページをご覧ください。

掲載種別

関連製品

掲載日

  • 2020年6月17日

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る