製品 > ArcGIS Runtime SDK for iOS > 製品詳細 > 新機能

ArcGIS Runtime SDK for iOS

新機能

100.0

100.0

3D 表示に対応(ベータ版)

シーン サービスを使用した建物データの表示や ArcGIS Online の標高データを使用した 3D での地形表示、3D シンボルの表示等ができるようになりました。 また、シーン レイヤー パッケージを端末にコピーして使用することで、オフラインでの 3D 表示も可能です。 これらの機能は、現在ベータ版として提供されています。

3D 表示

オフライン機能の強化

ArcGIS Pro で作成できるモバイル マップ パッケージを使用して、より簡単に地図表示やデータ編集、ルート検索等のオフライン機能を実装することができるようになりました。 背景地図、主題図、住所データ、道路データ等を包括したパッケージ ファイルをアプリケーションで利用することができます。

ベクタータイル

ベクター タイルは背景地図等に使用されるタイルで配信されていたレイヤーをベクター形式で提供する機能で、動的なスタイル変更が可能となります。 バージョン 100.0 では ArcGIS Online で配信されているベクター タイル レイヤーの表示機能が追加されました。また、ベクター タイル パッケージを端末にコピーして使用することで、オフラインでのベクター タイルの表示も可能です

ベクター タイル

ラスター/KML の直接参照(ベータ版)

ローカル環境にある GeoTIFF や JPEG2000 等のさまざまな画像ファイル、KML/KMZ ファイルを直接参照して表示できるようになりました。

その他の拡張機能/仕様変更

バージョン 100.x では、API の再設計により、大幅な仕様変更等が行われています。そのため、バージョン 10.2.x で作成したアプリケーションをバージョン 100.x に移行するには、コードの修正が必要です。 詳細は「アプリケーションの移行」をご参照ください

※3D 表示及びラスター/KML の直接参照の機能は、現在ベータ機能として提供されています。正式なリリースではありませんので、機能あるいはパフォーマンスについての保証はされておりません。

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る